漫画『るろうに剣心』のあらすじ・見どころ・レビュー

アニメ化・実写化漫画
この記事は約4分で読めます。

るろうに剣心

■タイトル:るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-

■作者:和月信宏

■連載時期:1994年19号~1999年43号

無料で試し読みしてみる!

るろうに剣心のあらすじ

幕末の動乱期の渦中であった京都に「人斬り抜刀斎」と恐れられた一人の剣客がいた。そして時は明治へ。ある夜、赤髪の男が歩いていると後ろから突然「人斬り抜刀斎」と呼ばれる。振り返るとそこには木刀を突き付けて立つ一人の女性の姿が。そして、そのまま切りつけてきたのでそれを華麗にかわすが、飛び過ぎて壁にぶつかり倒れ込んでしまう。こんな男が伝説の「人斬り抜刀斎」なのか?と疑問に思ったところで、その男は「流浪人」と答える。腰にぶら下げている刀は刃が逆についた”逆刃刀(さかばとう)”と教える。その矢先に警察の呼笛の音が、今度こそ「人斬り抜刀斎」と思い駆けていく女性。そこには神谷活心流”緋村抜刀斎”を名乗る大男が!飛びかかって倒そうとするが、逆に殺されそうになる所を赤髪の男に助けられる。事情を聞くと神谷活心流は、その女性の流儀であった。女性の名は「神谷薫」で神谷活心流の師範代であった。そして抜刀斎を名乗る男はその門下生にはいない。誰かの嫌がらせであった。妙に思った赤髪の男は探りをいれることに。そしてその晩、抜刀斎を語る大男が「神谷薫」の道場にやってくる。また殺されそうになったところに赤髪の男が助けにやってくる。今度は本物の「人斬り抜刀斎」として。彼の名前は「緋村剣心」。放浪の旅に疲れた「剣心」は、「薫」の道場を少しばかり手伝うことになる。ここから”るろうに剣心”の新時代での生き方と新たな闘いが始まる。

るろうに剣心の見どころ

作画のクオリティがかなり高く、とても読みやすく迫力があります。とくにバトルシーンは凄い迫力で見ごたえ充分です。物語としても幕末からの宿敵「斎藤一」との闘い、同じ人斬りとして生きてきた「志々雄真実」との闘い、お互いに愛する者を亡くしてしまった「雪代縁」との闘いなど見どころは盛り沢山です。飛天御剣流をひっさげ強敵に立ち向かい成長していく姿は圧巻です。そんな「剣心」が守りたい者を守れなったシーンはとても胸を打たれました。人斬りとして様々な困難が待ち受けていますが、剣心なりの答えを出し前を向いて進んでいく姿に感動します。実写版映画になるほど人気作なので、面白くて当たり前ですが、まだ読んでない方は是非読んでいただきたいです。

るろうに剣心のレビュー

実写の映画を観てから、アニメを観てマンガを読むという本来と逆の順番だったのですが、マンガだと細かくそのシーンの詳細が分かって面白いです!剣心の儚さと強さがカッコよすぎるし、闘いのシーンと子供達と遊ぶシーンの表情のギャップが最高です!神谷道場にいる主要キャラクター達の温かさがとっても素敵だと思いました!

最高の漫画です。何年経っても色褪せないです。 ずっと大人だと思っていた剣心が、いつの間にか歳下になってしまいました。器用そうなのに不器用な生き方を選んで進む剣心がこれからもずっと大好きです。読んだことない方は損してますよ!!

昔アニメでハマったるろうに剣心。懐かしくなって購入したけど、やっぱり面白い!大人になってから読むとより面白さ倍増。とにかく内容が深くて重い!だからこそハマる。剣心は相変わらずカッコいい。大好きです。

ふと懐かしく思い読みましたがやはり面白いです。主人公の過去を知ったときの驚きを今も思い出します。

子供の頃にアニメを見ていた作品で、懐かしくて大人買いしました。 大人になって読んでもやっぱり面白い★ 剣心が超カッコ良くて大好きです!!

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました