漫画『るろうに剣心』を買えるサイトを紹介!【購入リンクあり】

アニメ化・実写化漫画
この記事は約3分で読めます。

はじめに

ここでは、るろうに剣心を安心快適に読める電子書籍サイトをご紹介させていただきます。数ある電子書籍サイトの中を厳選してご紹介させていただきますので、どうぞ安心してお楽しみ下さい。また、動画も電子書籍も楽しめるサイトもあるので合わせてご紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合い下さい。

るろうに剣心

■タイトル:るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-

■作者:和月信宏

■連載時期:1994年19号~1999年43号

るろうに剣心のあらすじ

幕末の動乱期の渦中であった京都に「人斬り抜刀斎」と恐れられた一人の剣客がいた。そして時は明治へ。ある夜、赤髪の男が歩いていると後ろから突然「人斬り抜刀斎」と呼ばれる。振り返るとそこには木刀を突き付けて立つ一人の女性の姿が。そして、そのまま切りつけてきたのでそれを華麗にかわすが、飛び過ぎて壁にぶつかり倒れ込んでしまう。こんな男が伝説の「人斬り抜刀斎」なのか?と疑問に思ったところで、その男は「流浪人」と答える。腰にぶら下げている刀は刃が逆についた”逆刃刀(さかばとう)”と教える。その矢先に警察の呼笛の音が、今度こそ「人斬り抜刀斎」と思い駆けていく女性。そこには神谷活心流”緋村抜刀斎”を名乗る大男が!飛びかかって倒そうとするが、逆に殺されそうになる所を赤髪の男に助けられる。事情を聞くと神谷活心流は、その女性の流儀であった。女性の名は「神谷薫」で神谷活心流の師範代であった。そして抜刀斎を名乗る男はその門下生にはいない。誰かの嫌がらせであった。妙に思った赤髪の男は探りをいれることに。そしてその晩、抜刀斎を語る大男が「神谷薫」の道場にやってくる。また殺されそうになったところに赤髪の男が助けにやってくる。今度は本物の「人斬り抜刀斎」として。彼の名前は「緋村剣心」。放浪の旅に疲れた「剣心」は、「薫」の道場を少しばかり手伝うことになる。ここから”るろうに剣心”の新時代での生き方と新たな闘いが始まる。

るろうに剣心の購入リンク

■電子書籍サイト

ebookjapan公式サイト(オススメ)まんが王国公式サイト

honto公式サイト

■動画配信+電子書籍サイト

U-NEXT公式サイト

さいごに

上記リンクをクリックでそのまま購入可能です。Yahoo!アカウントをお持ちの方は、「ebookjapan」がおすすめです。「ebookjapan」は、Yahoo!アカウントをそのまま利用できるので購入手続きが簡単です。
また、他の電子書籍サイトもアカウント登録は簡単なのでおすすめです。最後までお付き合いありがとうございました。

※ボタンを押してもリンク先へ行けない場合は、セキュリティソフトなどを一時的にオフにして下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました