40代マンガ好きが選ぶ!懐かしの少年マガジンでマジで面白い漫画【名作10選】

おすすめ漫画
この記事は約10分で読めます。

はじめに

ここでは僕が面白いと思うオススメの少年マガジン漫画を10作品紹介します。懐かしいと思う作品を厳選して紹介します。ほとんど完結済みなので一気読みにも最適です。また、ドラマ化、アニメ化などされた有名作ばかりなので面白い事間違いなしです。それでは最後までお付き合い下さい。

はじめの一歩

■タイトル:はじめの一歩

■作者:森川ジョージ

■連載時期:1989年43号~

■あらすじ
母と一緒に釣り船屋を支える「幕ノ内一歩」は、家業の手伝いばかりでいじめられていた。ある日、下校中に堤防で不良少年の「梅沢」にボコボコに殴られていた。そして意識が遠のく瞬間たまたま通りかかった「鷹村守」が救ってくれた。そして「一歩」が目を覚ますとそこはボクシングジムのベンチの上だった。帰ろうとした時に「鷹村」が「サンドバッグを殴って行け、スカッとするぞ」と言ってくれる。その誘いを受け思いっきり殴ってみると手の皮が擦り剝けてしまった。まさに、ハードパンチャーの才能を垣間見せた瞬間だった。そして帰りに「鷹村」からスカッとするから見てみろと、ボクシングのビデオを借りる。帰宅しビデオを再生すると時間を忘れてのめり込んでしまった。そしてある日の早朝、「鷹村」がロードワークを行っている所に「一歩」が現れる。そして「鷹村」に「僕もプロボクサーになりたい」と告げると、鷹村は怒りながら、そんな甘くない、舐めるなと一喝する。しかし諦めきれない「一歩」は、生まれ変わりたい、強いとは何なんですかと問う。すると鷹村は一つの試練を与えた。土手の木を揺らし、宙に舞う木の葉に向かい勢いよくパンチを繰り出し何枚も掴んでみせた。これが出来たらボクシングを教えてやると。ここから幕ノ内一歩のプロボクサーへの長く過酷な道が始まる。
■見どころ
ボクシング経験が一切ない「幕之内一歩」が努力し一歩ずつ成長していく姿と、激しい試合が見どころです。どの選手の試合も手に汗握るほど緊張感がある展開で、本当に最後まで目が離せない試合運びをしてくれます。スカッとする一撃を見せてくれる激しい試合に興奮間違いなしです。

湘南純愛組!

■タイトル:湘南純愛組!

■作者:藤沢とおる

■連載時期:1990年43号~1996年42号

■あらすじ
卒業生の大半がヤクザにスカウトされるという一流の不良高校「極東高校」。その高校をシメてる「鬼塚英吉」と「弾間龍二」通称”鬼爆コンビ”。しかし、突然退学になってしまう。ヤンキーをやってても全くモテないから転校するため、わざと退学になったのだった。そして、モテモテになって童貞を捨てるために共学の「辻堂高校」に入学する。しかし、いくら見た目や学校を変えても「鬼爆」の名は広く知れ渡っており、転校したこともバレてしまう。すると、「鬼爆」コンビを倒せば名を上げることが出来ると周囲の不良から狙われるハメに!喧嘩!喧嘩!たまにギャグって感じの不良漫画です。鬼塚が「GTO」で教師をやる前の物語です。
■見どころ
GTOでは「鬼塚」はほとんど喧嘩しませんが、湘南純愛組!では喧嘩三昧って感じで喧嘩しまくっています。「GTO」での「鬼塚」は伝説的存在で最強って感じですが、「湘南純愛組!」では結構苦戦することもあり、それが見どころとも言えます。ほぼ全ての喧嘩シーンがぶっ飛んでいて熱くなれます。また、たまにあるギャグがマジで面白いです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

GTO

■タイトル:GTO

■作者:藤沢とおる

■連載時期:1997年2号~2002年9号

■あらすじ
かつて湘南最強と言われた「鬼爆」の1人「鬼塚英吉」は、グレートな男になるため東京進出を果たす。そして、替え玉を使って優羅志亜(ユーラシア)大学に入学し卒業はしたものの、退屈な日常を送っていた。だが、ひょんなことから教師を目指す事になった。目的は女子高生との淡い恋愛だった。そして教育実習の時に、めちゃくちゃな人間ではあるが、道理を通す強い精神と行動に東京吉祥学苑理事長の「桜井良子」が目を付け、中等部の教師として採用させてもらえる事になる。しかし、この学園内には不正義やいじめが蔓延していた。さらに教師は臭いものに蓋をするように、見て見ぬふりをする大人ばかりだった。そんな中に放り込まれた「鬼塚」は、常識を超えた方法で生徒と向き合い、更生に導いていく。
■見どころ
常識外れの「鬼塚」の、生徒を更生させていく指導が胸にきます。自分が学生時代にこんな先生がいたらもっと学生生活が楽しかったかもしれないと思います。とにかく一人一人に真剣に向き合い熱い指導をしてくれる鬼塚に感動すらします。「湘南純愛組!」の時の「鬼塚」は喧嘩ばかりだったのに、いい先生をしています(笑)また、湘南純愛組!のキャラクターも多数でていて、あのキャラがこんな職業に就いたんだって驚きもあります。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

カメレオン

■タイトル:カメレオン

■作者:加瀬あつし

■連載時期:1990年17号~2000年10号

■あらすじ
中学ではいじめられっ子だった「矢沢栄作」が、「成南高校」で不良デビューを果たす。彼はお調子者で運が悪く、次々と周りの有名な不良から絡まれてしまう。しかも、喧嘩がめちゃくちゃ弱い。しかし、全てのトラブルを”ハッタリ”(嘘)、悪知恵で乗り越えることに。それが不良たちの憧れとなりいつしか”カリスマ”となっていく。ギャグあり喧嘩ありの不良漫画です。
■見どころ
「矢沢栄作」がどんなピンチもチャンスと考え、様々なハッタリで危機を免れていきます。そのハッタリがめちゃくちゃで面白いです。あと、物語中盤くらいで暴走族を結成しますが、その抗争が激しくて見ごたえがあります。あとは、とにかく”ギャグ”です。下ネタ全開ギャグが多く、爆笑できる事間違いなしです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

疾風伝説-特攻の拓-

■タイトル:疾風伝説-特攻の拓-(かぜでんせつ-ぶっこみのたく)

■作者:佐木飛朗斗/所十三

■連載時期:1991年26号~1997年32号

■あらすじ
私立横浜港ヶ丘高校の一年生「浅川拓」はいじめられっ子で、強くなりたいと願っていた。そんなある日「鳴神 秀人」と出会う。その出会いがきっかけで強くなりたいという気持ちがさらに加速し、少しずつ相手に立ち向かう勇気を持てるようになっていく。その後、進学高の”県立聖蘭高校”に転校するはずが、手違いで不良校で有名な”私立聖蘭高校”に転校してしまうことに。流れで「爆音小僧」(横浜の暴走族)のメンバーになることに。ここから「拓」の暴走族としての一幕が上がることに。
■見どころ
王道不良漫画と言える作品です。暴走族と言えば集会、喧嘩、抗争ですよね。それら全てが詰め込まれた内容です。喧嘩はかなり激しい内容です。武器とか当たり前に使って相手をボッコボコにします。でやられたらやり返すってな感じの内容ですね。今の時代に読むと色々あれですが、かなり気合が入った暴走族を見れます。族車(暴走族の単車)の描写がリアルでかっこいいです。三段シートやロケットカウルなんて最近見ないのでそれだけで胸が熱くなれます。ガチヤンキー漫画を読みたい方におすすめです。

サイコメトラーEIJI

■タイトル:サイコメトラーEIJI

■作者:安童夕馬/朝基まさし

■あらすじ
ある殺人事件が発生した。「またあいつだわ…”メビウス”」。不良少年の「明日間映児」が教室で仲間と騒いでいると、突然先生に呼ばれた。なんと、妹の「恵美」が殺人事件に巻き込まれて、今警察署で取り調べを受けていると言うのだ。急いで向かい、警察署の階段を駆け上がっていると女性警官とぶつかってしまう。その瞬間、「メビウス?」とつぶやいてしまう。さらには、妹の居場所まで突き止めてしまう。後日、その現象を不思議に思った女性警官(志摩刑事)は彼の元を訪れ、なぜ「メビウス」とつぶやいたのかと問う。「映児」は適当にごまかしたが、彼女の前ではごまかし切れず”サイコメトラー”である事がバレてしまう。サイコメトラーとは、人や物に触れるとそれに残った断片を読み取る能力で、それを使って捜査に協力してほしいとお願いする。ここから「映児」と「志摩刑事」は様々なミステリー事件に巻き込まれることに。
■見どころ
こういうミステリー物の作品だと「名探偵コナン」や「金田一少年の事件簿」が有名ですが、それよりもっとサイコパスな事件が多い作品です。サイコメトリーで読み取った断片を元に事件の推理を立て犯人を追い詰めていくのですが、読んでいるこっちもそれを元に犯人捜しをすることが出来るのでドキドキさせられます。また、主人公の「明日真映児」が不良グループのリーダーという事もあって不良漫画みたいな話を挟むこともあります。ミステリー好きな方には是非読んでいただきたい作品です。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

エア・ギア

■タイトル:エア・ギア

■作者:大暮維人

■連載時期:2002年49号~2012年25号

■あらすじ
東中最強のベビー・フェイスこと「南一樹(みなみいっき)」は、モーター内蔵の特殊なインラインスケート「エア・トレック」を装着して町を暴走する「暴風族(ストーム・ライダー)」に襲われて敗北してしまう。その後、居候先で幼馴染の「野山野リンゴ」ら三姉妹から、エア・トレックを託される。そしてリベンジを果たした「南一樹」は、自身の暴風族を立ち上げ、数々のストーム・ライダー達と熾烈なバトルを繰り広げることになる。
■見どころ
インラインスケートを使った他には無いバトルが見られること。ただ走るだけではなく空を飛んだり、重力を操ったりと様々な能力を使った激しいバトルを見せてくれます。トリック(技)の見せ方が本当にかっこいいです。大暮維人先生の作画が神がかっていて全てのコマが画集となるくらい絵が美しくてかっこいいです。絵うますぎです!

「無料」試し読みはこちらをクリック!

Get Backers-奪還屋-

■タイトル:Get Backers-奪還屋-

■作者:青樹佑夜/綾峰欄人

■連載時期:1999年17号~2007年12号

あらすじ
握力200kgを超える怪力、さらには”邪眼”と呼ばれる「相手に一分間の幻影を見せることが出来る」能力を持った「美堂蛮(みどうばん)」と、体内の電気を自在に操って戦うことが出来る”雷帝”こと「天野銀次(あまのぎんじ)」。このコンビが裏新宿を中心に依頼者の奪われた物を取り返す奪還屋として活躍する物語。
見どころ
裏稼業としての奪還のため、様々なトラブルや激しいバトルに巻き込まれていきます。敵も主人公コンビと同じように”特殊能力”を持っているためバトルは熾烈な展開になります。というか、もう光線が飛んだり、テレキネシス的な技で体の自由が奪われたりと、超絶王道バトル漫画と言える内容です。はっきり言ってその激しいバトルが見どころです。あと「美堂蛮」の邪眼が好きです。必ずと言っていいくらい敵に使ってくれます。いわゆる精神攻撃ですね。かなりスカッとさせてくれます。

金田一少年の事件簿

■タイトル:金田一少年の事件簿

■作者:天城征丸/金成陽三郎/さとうふみや

■連載時期:1992年45号~2017年46号

■あらすじ
名探偵「金田一耕助」を祖父に持つ高校2年生「金田一一」が、様々な怪事件を自身の推理力・洞察力・IQ180の頭脳を使って解決に導くミステリー漫画。
■見どころ
「じっちゃんの名にかけて」という名言で有名な「金田一少年の事件簿」ですが、見どころは「金田一一」の推理力と洞察力ですよね。あと、読み進めながら一緒に犯人は誰だろうと考えることが出来るのがミステリー漫画の醍醐味と言えます。多く説明する必要がない程に知らない人はいないと思いますが、原作を読んだことがない方には自信を持っておすすめ出来るミステリー漫画です。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

BOYS BE…

■タイトル:BOYS BE…

■作者:イタバシマサヒロ/玉越博幸

■連載時期:1991年33号~1996年47号

あらすじ
基本的に1話~2、3話で完結する淡い恋愛ストーリー構成の作品です。男子高生が、好きな女の子に気持ちを中々伝えられず、痴話喧嘩やすれ違いを経て最終的にハッピーエンドになるという展開です。
見どころ
あぁ、こんな青春を送れたらきっと学生生活は楽しかっただろうなと思うストーリー展開がいいです。あと、基本的に登場する全ての女の子が可愛いです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

まとめ

いかがでしたか?昔の少年マガジンは不良漫画が多いですが、マンガ初心者の方に楽しんでいただける、わかりやすい作品ばかりだと思います。これを機にもっとマンガを好きになっていただけると嬉しいです。今後も面白いマンガをご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

最後までお付き合いありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました