『ファイアパンチ』のあらすじ・感想・レビュー

アクション・バトル漫画
この記事は約3分で読めます。

ファイアパンチ

■タイトル:ファイアパンチ

■作者:藤本 タツキ

無料で試し読みしてみる!

ファイアパンチのあらすじ

この世界では生まれながら特殊能力を持つものを”祝福者”と呼ぶ。そして「氷の魔女」と呼ばれる祝福者のせいで、世界は雪と飢餓と狂気に覆われた。主人公の「アグニ」は体が再生する祝福者で、この村を飢餓から守る為、毎日の様に腕を切り落とし人肉を提供していた。また、妹の「ルナ」も同じ祝福者だった。ある日、この村にベヘムドルグの「ドマ」という人物が飛行機でやってくる。食料調達目的でやってきたが、人肉を糧に生き延びている事を知ると、自身の能力”焼け朽ちるまで消えない炎”で村を燃やしてしまう。しかしアグニは、焼け朽ちる前に再生するので死ぬ事すら出来なかった。妹のルナはアグニほど再生能力が高くないので死んでしまう。そこから八年が経ち、炎を克服する。ここからアグニの復讐の旅が始まる。

ファイアパンチの感想

一話の初っ端からいきなり腕を切り落とし、人肉を提供するという狂った内容でかなりびっくりしました。ファイアパンチというタイトルから想像していた漫画と全く異なる内容です。いい意味で期待を裏切られた漫画ですが、内容はぶっ飛んでいます。チェンソーマンの作者でもある藤本タツキの作品なだけあって色々狂っています。日常崩壊ダーク系漫画好きにはおすすめの作品です。

ファイアパンチのレビュー

他にもレビューありましたが、序盤2巻くらいはいかにもなアクションでワクワクしながら読めます。
序盤が終わってからはだんだん考える内容になって行き、最後は…。
例えるなら新世紀エヴァンゲリオン。不思議な後味の作品です。
何を期待して読むかで評価がかなり別れるかと思います。
(個人的には色々な謎を解いて欲しかったですね。)

話題になっていたので購入してみたけれど、衝撃作というか問題作というか…。禁断という禁断を詰め込んだような作品でした。面白いとは思うけど、自分はついていけそうにないです…^^;

続きが気になるけどエグくて辛い
面白いけど胸糞悪くもある
オススメしたいけどしにくい
なんだこの漫画…?!

設定や世界観は最近の漫画の中では奇特なもので独特な台詞回しや展開に飽きなかったけど、後半から哲学書を読んでいるようだった。真面目に読んだら負け。

勧善懲悪や普通の道徳観から離れている作品なので、読む側の漫画に求めるものの違いで評価が分かれそうです。 でも私はこの漫画好きです! 作者の、世界や人間への理解の仕方、表現にセンスを感じました。作者は映画なら有名どころからC級クソ映画までこよなく愛していそう。

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!

今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました