漫画を読むために電子書籍比較サイトを見て回った結果!

電子書籍
この記事は約7分で読めます。

はじめに

近年、スマートフォン、タブレット、iPhone、iPadの普及により様々な商品やサービスが電子化されてきました。それに倣い書籍も同様に電子化され、一昔前と比べると紙媒体の本は売れなくなってきました。今や電子化されていない書籍は無いのでは?と思うくらい種類は豊富にあり、電子書籍を提供している企業も増える一方で中々差別化が難しくなってきています。

そして、どの電子書籍ストアが良いのか、インターネット検索で”電子書籍比較”と調べると膨大な量の記事が検索結果に表示され、どの比較サイトを見て回っても結局わからず…なんて方も多いと思います。

そんなあなたの為に、漫画を電子書籍で読むための一つの結果を与えられたらいいなと思いこの記事を書いています。どうぞ最後までお付き合い下さい。宜しくお願い致します。

電子書籍とは?

この記事を読んでいる方に電子書籍の説明は不要だと思いますが、念のためご説明させていただきます。

電子書籍とは、紙媒体の本を電子化しスマートフォンやタブレット、パソコンなどで読める様にした書籍の事を言います。紙媒体の書籍と違い、スマートフォンなどがあればいつでもどこでも読めるのが良い所です。また、保管場所に困らないのも良い所です。他にも様々なメリットがあります。

■電子書籍のメリット
・いつでも購入出来る。
・スマホなどがあればどこでも読める。
・保管場所に困らない。
・劣化しない。
・見開きのページが見やすい。
・キャンペーンなどで無料で手に入れられる本がある。
■電子書籍のデメリット
・電子書籍ストアが潰れたらおしまい。
・貸し借りが難しい
・目が疲れる
・買えない本がある

メリット・デメリットを簡単に説明すると、こんな感じです。もっと詳しく知りたい方は、別記事で書いていますので参考にして下さい。

電子書籍比較サイトについて

電子書籍比較サイトとは、電子書籍ストアのサービス、支払方法、提供冊数、キャンペーンなどを比較しているサイトの事を言います。大体の電子書籍比較サイトは10社~15社くらいを比較しています。
で、大体どの比較サイトを見て回っても同じ様な事しか書いてありません。そのため、比較記事は2記事ほど読めば十分と言えます。それ以上読んでも時間を無駄にするくらい同じ事しか書いていません。それに10社以上で比較されるとただ迷うだけです。記事を読むだけでも疲れてしまいます。

参考までによく比較されている電子書籍ストア一覧を載せておきます。

電子書籍ストア名 運営企業
amazon kindle amazon
BookLive! 株式会社BookLive
ebookjapan 株式会社イーブックイニシアティブジャパン
コミックシーモア NTTソルマーレ
まんが王国 株式会社ビーグリー
BOOK☆WALKER 株式会社ブックウォーカー
めちゃコミック 株式会社アムタス
Renta! 株式会社パピレス
honto 大日本印刷
楽天Kobo 楽天
紀伊國屋書店 株式会社紀伊國屋書店
U-NEXT 株式会社U-NEXT
FODプレミアム 株式会社フジテレビジョン

大体こんな感じです。どの比較サイトを見てもほとんどラインナップは変わりません。

おすすめの電子書籍ストア

結論から言いますと、漫画を読むためのおすすめの電子書籍ストアは「ebookjapan」一択です。

その理由はこちら

■ebookjapanがおすすめな理由
1:マンガの提供数がNo.1
2:支払方法にPayPayが使える
3:Yahoo!アカウントがそのまま使える
4:サイトが分かりやすく使いやすい
5:漫画の管理が秀逸
6:専用アプリ不要で読める
7:運営会社が大きく信頼性が高い
では、上記内容を一つずつ解説していきます。

1:マンガの提供数がNo.1!

ebookjapanで提供されている電子書籍の冊数は、2020年11月現在で60万冊以上です。そのほとんどが漫画です。他の電子書籍ストアでもこれと同じくらい、いや、それ以上提供されている電子書籍ストアはあります。ですが、漫画だけで言えばebookjapanがNo.1と言えます。そのため、漫画目的で電子書籍ストアを選ぶならebookjapanが一番です。

2:支払方法にPayPayが使える!

電子書籍を購入する際の支払方法は、ほとんどの電子書籍ストアが、クレジットカード、キャリア決済(電話料金合算払い)、電子マネーです。その中でPayPayを利用できるのはebookjapanだけです。現在一番利用されているのはPayPayで、キャッシュレス決済加盟店で一番多いのもPayPayです。そのためポイントも貯まりやすく、貯まったポイントで漫画が購入できるのは本当にありがたいです。ebookjapanではPayPay以外に、Tポイント、Yahoo!ウォレットも利用できます。

3:Yahoo!アカウントがそのまま使える!

ebookjapanはヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが協力して運営しています。そのため、Yahoo!アカウントをそのまま利用できます。現在Yahoo!アカウントをお持ちの方は新しくアカウントを作る必要なく簡単にログインしてサービスを利用出来ます。正直アカウントを新しく作成するのは面倒ですよね。IDやパスワードってかなり多いのに、そこに一つ増えるのは管理が面倒です。今あるアカウントをそのまま利用できるのは楽だし簡単で便利です。

4:サイトが分かりやすく使いやすい

ebookjapanのサイトデザインは白基調でゴチャゴチャしてなくて、初めて利用する方でも分かりやすくて使いやすいデザインです。電子書籍で漫画を買う方は、一冊買って終わりではないと思います。新刊が発売されるたびに買う事になると思うので、分かりやすく使いやすいサイトでないといけないと思います。その点ebookjapanは、かなり分かりやすいので安心快適に漫画を楽しむ事が出来ます。

5:漫画の管理が秀逸

ebookjapanで購入した漫画は「背表紙本棚」で管理されます。これは、紙媒体の本を本棚に収納しているのと同じ様な見え方で管理されるデジタル本棚です。言葉で説明するとわかりにくいので写真を見て下さい。

こんな感じです。良くないですか?漫画は背表紙をつなげると一枚の絵になるような工夫がされたタイトルが多々あります。それをデジタルで実現したのがebookjapanです。これは漫画好きにはたまらない管理方法です。他の電子書籍ストアでこれを実現している所はありません。漫画好きはebookjapanで決まりです。

6:専用アプリ不要で読める

ebookjapanで漫画を購入し楽しむ場合、とくに専用アプリは不要で楽しむ事ができます。一応ご紹介しておきますが、ebookjapanはアプリを出していないわけではありません。アプリはあるのですがインストール必須ではないのです。WEB上でサービス全てを利用できますし、ブラウザで漫画をそのまま読む事が出来ます。アプリのインストールは端末によって容量を圧迫する原因にもなるので不要であれば入れない方がいいです。ebookjapanはインストール必須ではないので容量圧迫の心配はありません。

7:運営会社の信頼性が高い

電子書籍ストアで一番怖いのが運営会社が潰れる事です。もし運営会社が潰れてしまったら購入した漫画が全て消えてしまう事になります。今現在、電子書籍を提供している企業は非常に多いです。競合が増えれば増えるほど潰れる可能性は高くなります。なので、電子書籍ストア選びで運営会社は重要です。ebookjapanはヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営しています。ヤフーと言えばかなりの大手で信頼性においては申し分ありません。安心して電子書籍を楽しむ事が出来ます。

以上7つの理由でebookjapanが一番のおすすめです。

さいごに

いかがでしたか?電子書籍ストア選びはたくさんあって悩みますよね。入会キャンペーン、割引、提供冊数、支払方法など悩むポイントは多いと思います。ぶっちゃっけキャンペーンに関しては時期などによって大幅に変わりますし、入会後も様々なキャンペーンを提供しています。無料購入、50%割引で購入など様々です。支払方法はどの電子書籍ストアであってもクレジットカード決済は絶対出来ます。変わるのは電子マネーの種類です。PayPay、d払い、楽天Payなどですね。クレジットカード決済で良いという方は提供冊数で選ぶといいかもしれません。今後も継続して電子書籍で漫画を読むなら提供冊数は絶対に多い方がいいです。

キャンペーン、支払方法、漫画の提供冊数、この条件が良くて今後も継続して漫画を電子書籍で読むなら、やっぱりebookjapanで決まりです。

ebookjapan公式サイトへ

タイトルとURLをコピーしました