漫画『ドラゴンボール』のあらすじ・見どころ・レビュー

アニメ化・実写化漫画
この記事は約4分で読めます。

ドラゴンボール

■タイトル:ドラゴンボール

■作者:鳥山 明

■連載時期:1984年51号~1995年25号

無料で試し読みしてみる!

ドラゴンボールのあらずじ

人里離れた山奥で一人で暮らす尻尾の生えた少年「孫悟空」がいた。「孫悟空」はいつもの様にじっちゃんの形見である”ドラゴンボール”に手を合わせ「エサとってくる」と言い狩りに出る。そして大きな魚を捕まえることに成功する。その帰りの道中に車を運転する「ブルマ」に轢かれそうになる。「孫悟空」は生まれて初めて見る車を怪物と勘違いし、車を持ち上げ投げ飛ばす。びっくりした「ブルマ」は拳銃で「孫悟空」を撃つが全く効かず、再度びっくりする。「孫悟空」はそのまま「ブルマ」を倒そうと飛びかかるが、それを何とか阻止する。そして和解したところで「孫悟空」は初めて見る女にごちそうしてやるから家にこいと誘い、そのまま「ブルマ」は誘いに乗って家まで行くことに。すると、そこに探していた”ドラゴンボール”があることに気づく。「ブルマ」は、「孫悟空」にドラゴンボールは7つ集めると何でも願いを叶えてくれる”神龍”を呼び出すことが出来ることを教える。そして「孫悟空」に一緒にドラゴンボール探しを手伝ってほしいとお願いし、それを快諾。ここから悟空の長い冒険の旅が始まる。

ドラゴンボールの見どころ

王道バトル漫画なので、熱いバトルが見どころです。鳥山明先生の作画は神がかっていて、超ド迫力で興奮すること間違いなしです。セリフが少なく、サクサク展開が進むのでかなり読みやすいです。悟空が修行のたびに覚醒していく展開がかなり熱いです。おすすめバトルは、「孫悟空vsベジータ」「孫悟空vsフリーザ」「孫悟飯vsセル」この3戦はバトルが非常に激しいのでおすすめです。世界的に有名な漫画なので知っている方は多いと思いますが、まだ原作を読んだ事ない方には心の底からオススメします。

ドラゴンボールのレビュー

国民的大ヒット漫画なので内容の紹介は不要と思う。
自分が生まれた年から連載開始しているので、初めて読んだのは発売からだいぶ経ってからだと思う。たしか小学校2年生のときで、1巻を読んだらハマってしまって、すぐに親にねだって集め始めたのを覚えている。
あの頃の小学生男子はみんなかめはめ波や元気玉の真似をしていたし、毎週のジャンプ発売が待ち遠しくてたまらなかった。
あんなにドキドキ、ワクワクさせてくれる漫画にはもう出会えないと思う。

もう作品の説明は必要のないくらい有名だと思われるドラゴンボール。現在も新しいアニメが放送されていますね。子どもから大人までドキドキワクワク楽しめる作品です!そして何度読み返しても面白い!子どもの頃から毎週ジャンプで読んでいて、人生で初めて読んだコミックスが3巻でした。そして人生で初めて購入したコミックスもドラゴンボール。やはり漫画を語るとなると僕たち世代は必ず話題に上がります。

ドラゴンボールの中でも、特に17巻前後は一番好きなあたり。弟と2人で何度も何度も読んだので、古本チックになっている。この辺は、少年期孫悟空から、青年期への転換地点で第2部スタートってかんじである。少年期の面白さをファンは熱く語ることが多いのだが(もちろん、初期は大変面白いのだが)個人的には15から20くらいが大好きだ。いや、全部好きかも。もーなんでもいい。

漫画の面白さは 第一話からの書き手の導入で読み手のイメージ化が大きく決まってしまうかも。絵のタッチも読み手の好みで重要だし 台詞の文字数とか内容も漫画にのめり込んで行かせるには
大事なことでしょう。あまり考えさせず のりで読ませてくれた このシリーズも回を重ねてもわかりやすかったですが 絵の重みと動きのパワーは読み手を何年もの間クギ付けにした名作どぇすね。

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました