漫画『進撃の巨人』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

アニメ化・実写化漫画
この記事は約5分で読めます。

進撃の巨人

■タイトル:進撃の巨人

■作者:諫山創

無料で試し読みしてみる!

進撃の巨人のあらすじ

人類は突如出現した「巨人」により滅亡の危機にさらされたいた。生き残った人類は「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」という巨大な城壁の内側に生活圏を確保することで100年間なんとか生き延びてきた。主人公の「エレン・イェーガー」は、医者の父グリシャと母カルラ、そしてイェーガー家に引き取られた幼馴染の「ミカサ・アッカーマン」と一緒に暮らしていた。「エレン」は壁の外に憧れを抱いており、壁外調査に出れる「調査兵団」に入団しようとしていたが周囲からは反対されていた。そして、「エレン」と同じく壁外に憧れる幼馴染の「アルミン・アルレルト」としか話し合えない状況だった。そこから時が経ち「エレン」が10歳になった時、突如現れた「超大型巨人」によって壁が破られ壁内に巨人が侵入する。さらに、目の前で母カルラが巨人に喰われてしまう。全てを奪われた「エレン」は全ての巨人を駆逐することを決意し「ミカサ」と「アルミン」とともに第104期訓練兵団に入団する。

進撃の巨人の見どころ

序盤から多くの伏線が多く、非常に謎が多い漫画です。巨人はどこから来たのか、なぜ生まれたのか、何が目的なのか?巨人を駆逐するだけの単純な物語でなく、物凄く奥が深いストーリー展開が一番の見どころです。少し難しい部分も多々ありますが、何度か読んでいただけるとより理解できると思います。あと、リヴァイのかっこよさにも注目です!

進撃の巨人のレビュー

すごく衝撃的な作品です。現在出ている2巻まで一気に読んでしまいました。

人を捕食する巨人と人類の戦いを描いた作品ですが、巨人が圧倒的に強すぎるため人類は絶望的な状況に立たされ続けます。
人がバリバリ食われるシーンが何度も出てくるので、グロいの苦手な人にはお勧めできませんが、そんな状況の中で生きる人々の姿はリアルに描かれており、胸にぐっとくるものがあります。

話の展開の仕方もすごく上手いと思います。
1巻の最後では、「マジで!!??」とかなりの衝撃が走ります。加えて2巻の最後も衝撃的です。
息をもつかせぬ展開とはまさにこのことだなぁ、と感心。

それにしても一番強烈なのは、巨人の描写ですね。とにかく気色悪い!
巨人は知性のない存在とされていますが、その何考えてるんだか分からないところが怖いのです。
人間の理解が及ばないところに得体の知れなさを感じます。人間が何も考えずに動物の肉を食べるのと同じ感覚で、巨人はきっと人間を食べるんでしょうね・・・。

果たしてこの戦いの行きつく先に希望はあるのか、続きが気になります!

流行りものにはあまり手は出さないのですがネットであまりにも目にする機会が多いのでこれは買うべき?とのってみました
ただ絵が下手だと聞いていたのでかなり迷いましたが
絵柄が好みじゃないとムリなタイプですがそこは全然気になりませんでした
むしろ絵自体は好みですね

ワクワクっていうのとは違う、ハラハラするというか、ずーっと緊張感ありっぱなしですね
戦闘もの?にある戦いと戦いの合間の休息時間が好きだったりするんですけど、
そういうのがなくって、それってやっぱりこの世界感なんだろうなーって
いつ何が起こるかわからないという意味ではリアルなんじゃないでしょうか

絵に関しては気にならなかったものの、
最初、エレンとミカサとアルミン以外のキャラがなかなか見分けられませんでした(笑
私の中でハンネスさんが早々に死んでしまっていて、でもその後登場して「!?」みたいな

話はおもしろいです!
私は初めて読むタイプの話でした

どう考えても今さらなのだが,10巻まで読了。あまりの今さら感が恥ずかしい。そして,すごくすっかり楽しんでしまった自分がまた恥ずかしい。巨人と戦う人間たちを描くファンタジー。連載当初から存在は知っていて,別マガの巻末漫画で推されまくっていたのも知っていたが,正直,「絵が濃い漫画」という印象しかなかった。あまりにも話題なのでまとめ読みして,やっと魅力に気づいた。とにかくストーリーが素晴らしい。展開が読めなくてドキドキするのに,読み返すと,緻密な伏線が張られている。考察が流行るのもよくわかる。ある種,エヴァに通じるものがあると思う。完結の構想まで出来ているだろうから,ひたすらに突っ走って,大名作として完結してくれることを望む

これを書いているのは26巻が最新の時です。巨人の正体、壁の外には何があるのか、など、序盤の大きな謎はほぼほぼ解けたのですが…。連載開始して約9年? ですか? まだまだ大量の謎や伏線だらけです。このストーリー、どう構築して連載開始したのやら。かつて『探偵学園Q』が漫画だからこそ成立するミステリーとして企画されましたが、本作は漫画だからこその……絵だけでもなく文章・セリフだけでもない、総合的に演出するメディアだからこそ描けるダークファンタジーですね。アニメ版も含め、同時代人として幸せです。エンドマークまであと何年かかるかわかりませんが、最後まで見届けたいと思います。

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました