『絢爛たるグランドセーヌ』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

スポーツ漫画
この記事は約3分で読めます。

絢爛たるグランドセーヌ

■タイトル:絢爛たるグランドセーヌ

■作者:Cuvie(キュービー)

無料で試し読みしてみる!

絢爛たるグランドセーヌのあらすじ

お隣に住む「梨沙」のバレエのコンクールを見た「奏」は、あまりに美しい踊りをする梨沙に妖精を重ねてしまう。そして、梨沙のバレエに憧れて自分もバレエをやりたいと両親におねだりし、バレエ教室に通うことになる。しかし、いざ練習をしてみると全然上手くいかず全く楽しくなかったが、梨沙に少しだけ個別レッスンをしてもらいバレエの楽しさを見出す。そして、梨沙と同じ舞台に立つのを夢に頑張ることに。しかし梨沙は、コンクールで初歩的なミスをしてしまいそれが原因でバレエを辞めてしまう事に。同じ舞台に立つ夢を断たれた奏は、ひどく悲しむ。それに心を打たれ、辞める前に奏と一緒に最初で最後の舞台に立つことになる。そこから数年後、奏は今も踊っている。次の夢に向かって!

絢爛たるグランドセーヌの感想

正直、バレエは全く知りません。が、しっかり解説してくれるので非常にわかりやすいです。こういう青春漫画はいいですね。幼い頃から夢に向かって一途に走り続けるのって簡単そうで難しい。けれど、それを乗り越えた人しか立てない景色がある。こういう漫画を見ると胸が熱くなってしまいます。僕も夢に向かって走れば良かった、なんて思わせてくれます。青春漫画好きにはたまらない作品だと思います。

絢爛たるグランドセーヌのレビュー

凄い。その一言。
バレエに全く興味も知識も運動神経も無いのに、バレエをやってみたくなるし、バレエの事をもっと知りたくなる作品。
主人公の奏も、良い子で(悪く言えばクセがないが)躓きながらもバレエをどんどん好いていく様が可愛く、共感できた。

情熱と努力の素晴らしさをまっすぐに描いていて、地道な話なのに圧倒される。梨沙が奏の言葉に自分の失敗を悟るシーンは悲しくも逆説的にバレエの美しさが描かれていた。ギラギラしつつクレバーでそれが素な奏の成長を早く見たい。

奏の思い、先生の思い、親の思いどれも読みごたえがあった。
奏があこがれたお姉さんの岐路は高校生でバレエを続ける娘を持つ私にはとても他人事とは思えない。

お目当ての作品の隣に積んであったのが目にとまり、「バレエをやっていた子の話していることがもっとわかるようになるかな?」と思って購入。うん、これまでなんとなくこんなだろうと思っていたバレエと全然ちがった……ストーリーも王道で嫌味がなく、特に中盤からは引き込まれます。
ちなみにそのバレエ習っていた子がパラパラ流し読みして「ここの絵はおかしい」とか指摘してたんですが、巻末あとがきで、作者さん自身もダメ出し反省しててわろたwwwやっぱ経験者すごいですね

もうちょっとバランスのとれた絵だったらよかったかな、とはおもいましたが、バレエを習い始めた少女が伸びていく姿が生き生きとしていて、元気もらえます。これまで親しんできたバレエ漫画とはちょっと違った成長物語です。動きも細かく表現されていてリアル。思わず動きたくなるほどです。バレエって素敵だな、と改めて思いました。

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました