『昭和元禄落語心中』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

アニメ化・実写化漫画
この記事は約3分で読めます。

昭和元禄落語心中

■タイトル:昭和元禄落語心中

■作者:雲田 はるこ

無料で試し読みしてみる!

昭和元禄落語心中のあらすじ

満期で出所の模範囚、名は「与太郎(よたろう)」。出所したその日に向かった先は寄席。刑務所で見た昭和最後の大名人「八雲(やくも)」の落語「死神」が忘れられず弟子入りするために待ち伏せする。しかし八雲の付き人「松田」に、八雲は生涯弟子は取らないと決めているので無理だと促される。そこに八雲が登場。すかさず八雲に猛アピールする与太郎。すると、信じられないことに弟子入り出来てしまう。ここから与太郎の幕が上がることに!

昭和元禄落語心中の感想

落語なんて全く縁のない僕ですが、この漫画を通じて落語の面白さを知ることが出来たと思います。落語の難しさ、厳しさ、奥深さをわかりやすく描いています。また、与太郎や八雲の人生を描いており、運命やら人生の厳しさみたいなものを感じます。一言で面白いと言ってしまう事も出来ますが、この昭和元禄落語心中という作品は、色々と考えさせられるものがある漫画です。あと、本物の落語を生で見てみたいって思わされます。どの世代にもおすすめ出来る作品だと思います。アニメ化、ドラマ化で話題になりましたが、まだ見ていない方には絶対におすすめ出来る作品です。

昭和元禄落語心中のレビュー

人間の愛憎劇。恋人、友人、親子、色んな感情に心が揺さぶられました。 ドラマを少し見ていたので、なんとなく内容は知っていましたが、それでも最終巻は衝撃と号泣でした。 作品には直接描かれなかった部分を想像すると胸がいっぱいになり、言葉にするのが難しいくらい、心に残る作品になりました。

落語といえばテレビで見る芸人さんなイメージですが、この作品は落語に興味を持てる第一歩になんじゃないでしょうか。原作2巻まで読んでドラマ見て、アニメ見て、原作にもどったら、お師匠方やヨタさんの声で再現している自分がいます

漫画を読んで、何かを学ぶきっかけとなるとするならば、落語を ちょっと かじるのには良い作品だと思いました。絵が しっかり はっきりしてい、登場人物が イケメンだったり イケオジに描かれてあったりするし、会話のテンポもいいから サクッと読めると思います。

読み出したら止まらなくなり、全巻購入 伏せんもしっかり回収、単なる昔話にならないようにきっちりと現代まで繋げ… すごく読みごたえのあるお話でした

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!

今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました