漫画『呪術廻戦』のあらすじ・感想・レビュー

アニメ化・実写化漫画
この記事は約3分で読めます。

呪術廻戦

■タイトル:呪術廻戦

■作者:芥見下々

■連載時期:2018年14号~

無料で試し読みしてみる!

呪術廻戦のあらすじ

杉沢第三高校オカルト研究部一年生の「虎杖悠仁(いたどりゆうじ)」は、人間離れした運動神経を持っており、運動部からのオファーがかかる事があった。ある日、陸上部からオファーがあり、それを断るため顧問の先生と砲丸投げで勝負しているところを、呪術高専の「伏黒」に見られていた。勝負に勝った虎杖は、急いで帰宅。それを尾けていった伏黒は、虎杖に「呪物を渡せ」と迫る。虎杖は、必要ないものだからと素直に渡す。しかし、肝心の中身がなかった。どうやら中身は、オカルト研究部の先輩が”札”を剥がすために持っているとの事。それを聞いた伏黒は「死人が出るかもしれない」と危険を悟った。急いで学校に戻ると、時すでに遅しで先輩が化物に襲われていた。死の恐怖に震えていた虎杖だったが、爺さんの遺言である”人を助けろ”という言葉に心を奮い立たせ、間一髪で先輩を助け出すことに成功する。そして呪物の中身である特級呪物”両面宿儺”(りょうめんすくな)の指を食べてしまう。本来は体を乗っ取られてしまうが、虎杖は制御することに成功する。この行為は死刑に値するが虎杖を逸材と感じた伏黒は、後から助けにやってきた呪術高専の先生を務める「五条悟」に助けてやってほしいとお願いする。そして”両面宿儺”の呪物を全て回収することを条件に虎杖の死刑をチャラにすることにした。その後、虎杖は呪術高専に入学し、”両面宿儺”を宿す呪術師として様々な困難に立ち向かうことになる。

呪術廻戦の感想

王道バトル漫画かな?と思いましたが、少し違います。状況が二転三転することが多く、簡単に倒させてくれないことが多々あります。今までにないバトル漫画と言えます。この記事を書いている今現在、ジャンプで一番面白いと言っても過言ではないです。また、コマ割りなどもわかりやすく絵も見やすいので非常に読みやすいです。バトル漫画好きに絶対おすすめです!

呪術廻戦のレビュー

これは面白い。
過去の戦闘モノのジャンプ作品の良いとこ取りをしたような設定だけど、それを無理なく世界観に落とし込んでいる。

何より話のテンポが良くて飽きさせない。
主人公も応援したくなる好感の持てるキャラクターだし、この先の展開が楽しみ。

ジャンプで連載中の王道バトル漫画です。
作者さんがブリーチの大ファンということで、領域展開のネーミングセンスなどにブリーチのおしゃれさが取り入れられているのが感じられます。
呪術高専を先に読まれてからこちらを読むのがお勧めだと思います。

ジャンプの王道バトル漫画
グロい部分もあって好き嫌いが別れそうだけど最初から展開が以外で結構おもしろい。
グロが平気な人はぜひ読んで欲しい。

ただのホラー漫画かと思ったら、笑いあり涙ありそして熱い物語でした! アニメ化もするようなので楽しみです

最初は、グロいかとおっもたが実際にはバトル系漫画で ハラハラドキドキが止まりません

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました