『北斗の拳』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

アニメ化・実写化漫画
この記事は約3分で読めます。

北斗の拳

■タイトル:北斗の拳

■作者:武論尊/原哲夫

■連載時期:1983年41号~1988年35号

無料で試し読みしてみる!

北斗の拳のあらすじ

西暦199X年、地球は核の炎に包まれた。だが、人類は死に絶えてはいなかった。国家が機能を失い荒れ狂った中で暴力が支配する世界になる。一滴の水すら奪い合い、弱者は虐げられ奴隷の様に扱われる。そんな中一人の男が水を求め荒野を彷徨っていた。その男の名は「ケンシロウ」。彼は一子相伝の暗殺拳”北斗神拳”の伝承者で、かつての親友で南斗聖拳の継承者「シン」によって七つの傷を胸に刻まれ、許嫁の「ユリア」を奪われ彷徨っていたのだ。彷徨い辿り着いた村で「リン」と「バット」という少年少女に出会い、「ユリア」を「シン」から取り戻すための熾烈で過酷な旅が始まる。

北斗の拳の感想

小学生の頃にめちゃくちゃ人気だった漫画で、友達同士で秘孔を点いて「お前はもう死んでいる」なんて感じで遊びまくっていたのを思い出す漫画です。雑魚敵が死ぬときに「ひでぶ」などと叫ぶのでそれすら流行っていました。また、アニメも大人気で社会現象になった作品です。特に「トキ」「ラオウ」「ケンシロウ」この三兄弟による「北斗神拳」をめぐる闘いはかなり面白いです。有名ですが、ラオウ戦が一番胸が熱くなります。かなり無口なケンシロウですが、弱い者を守る優しい心に感動出来ます。特に最終巻は本当に泣ける内容となっています。かなりの名作ですが、知らない方は是非読んでほしい作品です。単行本は27巻完結と、そんなに長くなくサクサク進むので、かなり読みやすいです。

北斗の拳のレビュー

話が面白く、キャラクターも素晴らしく
バトル漫画の「王道」です。

初めてハマった漫画。今、読んでも面白い。
ケンシロウのセリフがカッコ良過ぎるー

昔、テレビのアニメで見たことはありました。すっごい人気のアニメ。アニメと漫画と少し内容が異なるので、昔テレビで見たときを思い出しながら、読んでいます。 さすが、さすが、あれだけ流行って、人気があっただけあります。2冊目からどっぷりはまってしまっています。壮絶な漫画!名作

読み始めた当時は小学生の頃でしたが、モノマネしたりして毎日のように遊んでました。また懐かしく読ませて頂き、あの頃に帰ったような感動ありがとうございました。

初めて見た時の衝撃は忘れないです!作者様達、よくまあこんなお話思い付きましたよね。凄い創造力に脱帽です。北斗の拳から生み出され流行った言葉や単語は数知れず。 一番好きだったのは、レイの話でした。むちゃくちゃ格好良くて泣けたな〜。トキとラオウの闘いも、泣けたわ〜・・語りだしたら、好きな名場面が有りすぎて止まらなくなります。 余談ですが、アニメのナレーションも好きだったな〜。声優・千葉繁さんのあの言い回しが面白くて、毎回楽しみでした。あ〜懐かしい!

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!

今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました