漫画『僕たちがやりました』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

アニメ化・実写化漫画
この記事は約3分で読めます。

僕たちがやりました

■タイトル:僕たちがやりました

■作者:金城宗幸/荒木光

無料で試し読みしてみる!

僕たちがやりましたのあらすじ

凡下高校2年の「増淵トビオ(ますぶち とびお)」は、同級生の「丸山友貴(まるやま ゆうき)」と「伊佐美翔(いさみ しょう)と金持ちでOBの「小坂秀郎(こさか ひでろう)」らと共にそこそこ楽しい日常を送っていた。ある日、凡下高校の隣にある不良高で有名な矢波高の生徒に、丸山が喧嘩を売ってしまいボコボコにされてしまう。それをきっかけに、小坂は矢波高に復讐をしようと言い出す。そして、大して威力がない小型のプラスチック爆弾を大量に作り矢波高の校舎に仕掛ける。仕掛けた翌日、遠隔で爆発させることに。そしたら仕掛けた爆弾の一つがプロパンガスに引火し、大爆発が起き死人が出てしまう。小坂はヤバイと思ったが黙っていればバレないだろうと高を括り、トビオ、伊佐美、丸山を金で買収しチクるなと釘をうつ。しかし、主犯である小坂はすぐ捕まってしまう。残った3人は小坂から受け取った金を使って逃亡を図ることに。自殺を図る者、金で豪遊する者、女に堕ちる者、それぞれの逃亡劇が今はじまる。

僕たちがやりましたの感想

ノリが軽い。けど、魅せ方がうまいのか続きが気になりついつい読んでしまう、そんな漫画です。アホな高校生がアホな事をし過ぎて追いつめられるんですが、追いつめられ過ぎて欲にまみれて堕ちていく感じです。被害者側の不良生徒の方がよっぽど真面目だなって思ってしまう。内容はシリアスですが、コメディの様な感覚で何も考えずにサクサク読める作品と言えます。

僕たちがやりましたのレビュー

うだつの上がらない高校生活、そこそこな人生を送る主人公。先輩との悪ふざけが過ぎて、他校を爆発死傷者を出してしまう話。友情、裏切り、復習を笑いも織り交ぜヌルいテンポで話は進む。読みやすく、サクサク読める。ばかばかしい感じだが、自分も学生の時は、ノリで生きたり、浅はかな考えをしていたよなと苦笑混じりに読む。

テレビでも見たことあったけど、漫画もテレビ版と同じくらい面白かった

やられっぱなしじゃ終われないところから、崖っぷちに立つまでが早い(笑)!!主人公が追い詰められていく感じがハラハラドキドキして面白い。最後の終わり方も違和感無くて、文句なしの展開〜終結でした

淡白な題名と、特徴のない表紙でしたが 読んでくとすぐに引き込まれ、 巻を追うごとに憔悴していくぐらいパンチのある 作品です。 何か忘れたい時に読むとベストです。 自分の全感情がこの本に向きます。

個人的には友情だったり、恋愛だったり、 なにか青春を感じて明るくなれました! いろんな人間模様が描かれてて いろんな葛藤も描かれてて、 明るい話ではないですが、 なぜか明るくなれました!笑

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました