『人間牧場』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

SF・ファンタジー漫画
この記事は約3分で読めます。

人間牧場

■タイトル:人間牧場

■作者:さおとめあげは/柑橘ゆすら

無料で試し読みしてみる!

人間牧場のあらすじ

高校生の「橘 優希(たちばな ゆうき)」らは修学旅行に来ていた。次は牧場見学という事でバスで向かうことに。その途中、突然バスごと異世界転生してしまう。転生先は牧場で、車内にはエルフが。そのエルフが言うには、政府がクラスまとまてエルフに身柄を渡したと言うのだ。つまり、政府に売られてしまったのだ。そして「人間牧場」に連れていかれる。人間牧場とは、その名の通り、食用の人間を育成する場所で、最終的にエルフの餌になる場所。エルフは人間を家畜として飼育し、最終的に人間を食べるのだった。果たして優希らはここから逃げ延びる事が出来るのか。

人間牧場の感想

人間牧場という発想は面白いと思う。けど、同じ人間なのに権力者がいて自由に行動してたり、奴隷を作ったりと無法状態になっていて牧場というか刑務所って感じがします。何て言うか、牧場という設定じゃなくてもいいと思う。異世界転生もエルフも必要ない様な展開です。脱出不能な刑務所からの脱出ゲームってな感じの物語です。今後の展開に期待です。

人間牧場のレビュー

主人公が『実は天才』という設定なのですが、特に天才らしい発想はありません。天才であるかのように描かれていますが、周りに馬鹿しかいないので天才であるかのように見えているだけです。実際には誰でも気付くようなことを言ったりやったりしているだけです。読むだけ時間の無駄と言えるでしょう。原作者の柑橘ゆすら先生はエルフスキーなのにエルフが敵設定なのは珍しいですね

絵やセリフが古い!なんか昔の少女漫画を見てる気分で…恐怖の前に笑ってしまいました。

WEBコミックサイト「WEBコミックガンマぷらす」で連載中の柑橘ゆすら、さおとめあげはの「人間牧場」の第1巻です。人肉を食べるエルフのために家畜として異世界に送られた学生たちの脱走劇です。家畜なので美味しい肉になるためにエルフたちに飼育されます。その飼育舎からの脱出がメインだと思うのですが、物語の始まりということで世界観の説明が主です。タイトルからもっとエログロなものを想像したのですが、特にそんなシーンもなく、淡々と話が進んでいきます。このあと、どうするんだろ。

異世界に迷い込むのは別として、人間が人間以外の怪物に、食べられると言う設定は今流行りのあの漫画と同じ設定ですよね!!
オリジナリティーが感じられないし、無料試し読みはしましたが、続きは購入しない予定です!

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました