漫画『オーバーロード』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

アニメ化・実写化漫画
この記事は約4分で読めます。

オーバーロード

■タイトル:オーバーロード

■作者:丸山くがね/深山フギン/大塩哲史/so-bin

無料で試し読みしてみる!

オーバーロードのあらすじ

12年前に発売されたオンラインゲーム「ユグドラシル」は、圧倒的な自由度から爆発的に人気を博した。そして、”アインズ・ウール・ゴウン”という41人が所属するギルドは、ユグドラシル内に数千あるギルドで最強だった。が、それも昔の話、ユグドラシルは本日を以てサービス終了を迎えようとしていた。ギルド長のモモンガ(ユーザー名)は、アインズ・ウール・ゴウンの本拠地である「ナザリック地下大墳墓」でその時を一人寂しく迎えようとしていた。そして、その時を迎える。…しかし、終わらない、何故?さらに、突然NPC(ノンプレイヤーキャラ)が意志を持ち話しかけてくる。どうやらユグドラシルに転生してしまったらしい。が、ゲームの時と世界の様子がおかしい。キャラクター全てに意志があり、ゲーム内なのにリアルに近い世界に変わってしまっていた。モモンガはこの世界を支配するため、かつて仲間と作り上げた守護者たちと共に新しいユグドラシルで戦いを挑むことに…。

オーバーロードの感想

これはかなり面白いです。アニメから入ったんですが面白過ぎてめちゃくちゃハマりました。モモンガの圧倒的な強さがカッコいい。あと見た目もかっこいい。異世界転生してアンデッドって中々ないですよね(笑)でもそれがいい。守護者の前では貫禄ある態度だけど、心の中はちゃんと人間でそのギャップも可愛くて感情移入しやすいです。かなり人気作品なので知ってる方多いと思いますが、知らない方には全力でおすすめします。

オーバーロードのレビュー

ゲームの世界から出られなくなって的なよくある話だけど、それが魔王的な存在で、周りの配下も悪役なのに主人公を心酔してて、で、どんどん世界征服的な人助け的な、、、私もこんなボスが欲しい

異世界転生(転移)チートもので主人公が善でも人間側でもないというのは珍しいですね。 主人公的には考え無しにやった行動が、周りが変にフォローして何手先も読んだ上での事としているのは楽しめます。 主人公側だけでなく、それと組する側も敵対する側も純粋な者も居れば暗躍する側も居た上、展開として「えっ?こっちとこっちが組むの?」なんというのもあって、先が読めません。

第3期までアニメ化された勢いのある作品! 色々な異世界ものを読んで来たが、気になりつつもなかなか手を付けなかった作品。だけど1巻読んだら本当に止まらなくなった…最初から我慢するんじゃなかったな…と反省。 主人公はアンデッドなので残忍な部分もあり、身内想いで他者に容赦無く、優秀すぎる部下に置いてけぼり喰らってるが何とかバレずに回避…と少し可愛い部分を残しつつ話もどんどん壮大に! 続きが待ち遠しい作品です!

原作も購入しているので、おもしろいことは分かってましたが、漫画はどうかなぁと思ってました。 読んで見ると、原作で描かれたキャラクターが生き生きと描かれていて、読みごたえがありました。 主人公のアインズがコミカルに描かれている場面も笑いを誘います。 頂点(支配者)はカッコいい! 絶対的強さもありますが、 カッコ良くしなければいけないという主人公の努力がチラチラ見られる面白さがあります。 キャラクターも個性的なものが多いので、多方面で楽しめます。

アニメを見て、面白いなと思い購入しました。 主人公が骸骨で最強の魔法使いなのがいいと思います。悪役でもいいです。こういう作品待ってました。 ここからは私の見解です…⇒こういう作品は、大抵が主役が、童顔だったり、貧弱な男だったり、巨乳美女が出てきてのラブコメ展開や弱いのに正義感だけは異常に強く仲間はどんどん死んで、最後は結局主役も死ぬ作品が多く、私はこういう作品が、大ッ嫌いです。 この作品(オーバーロード)に関しては、主役が最強なので、安心して、見られます。続きが、楽しみです

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました