『アンダーニンジャ』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

アクション・バトル漫画
この記事は約3分で読めます。

アンダーニンジャ

■タイトル:アンダーニンジャ

■作者:花沢健吾

無料で試し読みしてみる!

アンダーニンジャのあらすじ

戦後70年が過ぎ、消滅したかに思われた「忍者」は生きていた。彼らは極秘裏に暗殺、破壊活動に従事していた。その数は20万人と言われ、忍者は今も日本に存在している。そのため、末端の”下忍”は職にあぶれニート状態。しかも、脱獄(抜け忍)しようものなら抹消されてしまう。「雲隠 九郎(くもがくれ くろう)」も末端の忍者で部屋でいつも暇をしていた。そんなある日、中忍の加藤がやってきて任務を受け渡される。それは高校の潜入捜査だった。しかし、転入手続きに時間がかかるのでその前に違う任務を受けることになる。それは、忍者志望の外国人の抹消。果たしてうまくいくのか…。

アンダーニンジャの感想

現代社会における忍者を描いています。「ナルト」みたいな感じではないです。主人公の周りの個性的な人達を巻き込み、忍者である事を隠しながら日常生活を送ってゆく。その中で任務も遂行するってな感じです。少し緩い感じの世界観です。何だろう…独特の世界観がある漫画で、なぜか気になってついつい読んでしまう漫画です。現代社会で起こる非現実を見たいという感じかな…。変わったアクション・バトルを見たい方におすすめだと思います。

アンダーニンジャのレビュー

つられてアイアムアヒーローも読んでみて思ったことは、作者は誰にも記憶されない人間を記録するのが好きなのかな、と。忍者も、鈴木英雄も。こちらは話がどうなるのかまだまだ全然分からなくて、続きが楽しみ

忍者が現代社会に実在していたとしたら?そんなこと想像したある人は、いっぱいいると思う。本作品は、そんな妄想を展開するもの。忍者が主人公だ。
第一巻は、ゆっくりと時間が進んでいる。
忍者がいる世の中の紹介と忍者社会のしきたり、等の本筋と、主人公の身の回りの人々の少し変わった生態を織り交ぜて展開するパラレルワールド。

最高!この世界観。忠実にリアルに実写化されないかな

なんとなくすっとぼけた感覚があっておもしろかったです。

忍者漫画の金字塔になるのではないかと思います。九郎君や組織の全貌が明かになるのが楽しみです。

主人公の動きを事細かに描きたいんだろうけど、そこにコマを使いすぎて話が全然進まない。続きは気になるけど、ずっと同じテンポのような予感もする。

独特の世界観で、のったりした日常の空気感がかなり好きです。先が気になります。

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました