漫画『ましろのおと』を安心快適に読めるおすすめの電子書籍サイトを紹介!【試し読みあり】

青春漫画
この記事は約3分で読めます。

ましろのおと

■タイトル:ましろのおと

■作者:羅川 真里茂

無料で試し読みしてみる!

ましろのおとのあらすじ

主人公の「澤村 雪(さわむら せつ)」は津軽三味線奏者の祖父が亡くなった事により、上京する。何のあてもなく飛び出したが、絡まれている所を「立樹 ユナ(たちき ゆな)」というグラビアアイドルなどをしている女性に助けられ、成り行きでそのまま彼女の家に居候することになる。そして、ユナの彼氏でバンドのボーカルをしている「タケト」と色々あり、とある事がきっかけでタケトのバンドの前座で三味線を弾くことになる。すると超大盛況に。その後は勝手に家出したことが母親にバレてしまい、無理やり都内の高校に通わされる事になる。そしてプロの三味線奏者「神木 清流(かみき せいりゅう)」と出会い彼の運命が変わってゆく。

ましろのおとの感想

ギター、ピアノ、吹奏楽などの漫画は数多くありますが、津軽三味線の漫画は初めて読みました。これは面白い。まず、漫画での音の表現が秀逸で本当に音色が聴こえてきそうです。思わず三味線を聴きたくなるような内容です。まだまだ未熟な主人公がこれからどんな成長を遂げるのか楽しみです。

ましろのおとのレビュー

さすが羅川先生!!というべきでしょうか。
読んだ瞬間から引き込まれました。
いままで少女マンガの世界にいた羅川先生が少年誌での連載ということを知ったときは、ちょっと心配でしたが、これはなるほどおもしろい!
三味線を弾くシーンがものすごい迫力で実際に聞いてるような感覚でしたし、キャラも一人ひとりが立っていて、これからが楽しみになりました。
本当に羅川先生の作品はおもしろいです!!

じっちゃが死んだ。祖父の音を目標に津軽三味線を弾いてきた雪は津軽に居場所をなくし、単身上京する。祖父に弾くなと言われたことに葛藤しながらも、それでも三味線を弾かずにはいられなくて…。

マガジンで新連載を予告していた時から、コミックス化を待っていました!外れはないだろうと思ってましたが、期待以上に面白かったです。マンガに音がないのがすごくもったいない…!

三味線の音色や音楽の描写が凄いです!
ぐいぐい引き込まれて、登場人物達と同じようにドキドキしながら聴いて(読んで)しまします。
まだ巻数を重ねてないうちに読んでしまったのが若干残念。。コミックス派なので、新刊が出る度にこま切れに読むと、いいところで緊張感が切れてしまって勿体無い(TT)

とても面白い。面白いというか、気持ちを動かされる。
人の気持ちを描くと言うのは、形だけは簡単にやってる人は多いけれど、でも誰もが描ききれるわけではなくて、こうした実際に動かされるものを見たら、すごいと思う。お勧めです。

これは間違いなく良い漫画。
一流の女性漫画家本気で少年誌とか青年誌に殴り込んでくると、気合いが半端ないせいか飛んでもない漫画になるなぁと。

こ れ は お も し ろ い ! ! !

演奏シーン、音が聞こえてきそうなくらい迫力があります
久しぶりにマンガでゾクッとしました。

おすすめの電子書籍サイトはこちら

電子書籍サイトは世の中にいくつもあります。その中でおすすめの電子書籍サイトは、僕も利用している「ebookjapan」と言うサイトです。

その7つの理由がコチラ↓

1:マンガがものすごく充実している!
2:Yahoo!アカウントで簡単ログイン!
3:PayPayポイントが使える!
4:専用アプリ不要!
5:無料で読める漫画が多い!
6:サイトデザインがわかりやすい!
7:登録不要で試し読みが出来る!
今後も継続して電子書籍で漫画を購入するなら「ebookjapan」が圧倒的に提供作品数が多いです。読みたい漫画が確実に読める、と言えるほどラインナップが充実しています。「ebookjapan」でのご購入は以下のリンクより可能です。

ebookjapanで購入する

 

タイトルとURLをコピーしました