40代漫画好きが選ぶ!一気読みに最適な完結したマジで面白いおすすめの漫画【超厳選30作品】

おすすめ漫画
この記事は約31分で読めます。

はじめに

ここでは、僕が読んで面白いと思った完結済みの漫画をジャンル別に30作品ご紹介させていただきます。どれも自信を持って面白いと言える作品ばかりなので、一気読み間違いなしです。少しでも参考になれば幸いです。

アクション・バトル漫画

1:ドラゴンボール

■タイトル:ドラゴンボール

■作者:鳥山 明

■巻数:全42巻

■あらずじ
人里離れた山奥で一人で暮らす尻尾の生えた少年「孫悟空」がいた。「孫悟空」はいつもの様にじっちゃんの形見である”ドラゴンボール”に手を合わせ「エサとってくる」と言い狩りに出る。そして大きな魚を捕まえることに成功する。その帰りの道中に車を運転する「ブルマ」に轢かれそうになる。「孫悟空」は生まれて初めて見る車を怪物と勘違いし、車を持ち上げ投げ飛ばす。びっくりした「ブルマ」は拳銃で「孫悟空」を撃つが全く効かず、再度びっくりする。「孫悟空」はそのまま「ブルマ」を倒そうと飛びかかるが、それを何とか阻止する。そして和解したところで「孫悟空」は初めて見る女にごちそうしてやるから家にこいと誘い、そのまま「ブルマ」は誘いに乗って家まで行くことに。すると、そこに探していた”ドラゴンボール”があることに気づく。「ブルマ」は、「孫悟空」にドラゴンボールは7つ集めると何でも願いを叶えてくれる”神龍”を呼び出すことが出来ることを教える。そして「孫悟空」に一緒にドラゴンボール探しを手伝ってほしいとお願いし、それを快諾。ここから悟空の長い冒険の旅が始まる。
■見どころ
王道バトル漫画なので、熱いバトルが見どころです。鳥山明先生の作画は神がかっていて、超ド迫力で興奮すること間違いなしです。セリフが少なく、サクサク展開が進むのでかなり読みやすいです。悟空が修行のたびに覚醒していく展開がかなり熱いです。おすすめバトルは、「孫悟空vsベジータ」「孫悟空vsフリーザ」「孫悟飯vsセル」この3戦はバトルが非常に激しいのでおすすめです。世界的に有名な漫画なので知っている方は多いと思いますが、まだ原作を読んだ事ない方には心の底からオススメします。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

2:幽遊白書

■タイトル:幽遊白書

■作者:富樫義博

■巻数:全19巻

■あらすじ
不良少年の「浦飯幽助」は、10日ぶり位に学校に登校することに。しかし、そこはいつも通り説教をくらうつまらない日常があった。あまりにもつまらないのでサボって家に帰ることに。家に帰るとそこでもまた母から説教が。そして気分が悪いとまた外へ出かける。すると、いつもの喧嘩相手である「桑原和真」と出会う。「幽助」はストレス発散のために「桑原」をボコボコにする。そしてブラブラしているとボール遊びをしている子供と出会う。危ないから道路の近くでボール遊びをするなと告げるが、案の定ボールが道路に飛び出し子供が轢かれそうになる。子供を守るためとっさに飛び出し救うが「幽助」は死んでしまい、幽霊になる。そこに三途の川の水先案内人「ぼたん」が登場。「幽助」に、あなたは死ぬ予定ではなかったので試練をクリアしたら生き返らせてあげると言われ、それを受けることに。そこから「幽助」の霊界探偵としての熾烈な戦いが始まる。
■見どころ
かなりテンポが良く、サクサク進むのでめちゃくちゃ読みやすいです。内容は王道バトル漫画なので、激しいバトルが一番の見どころです。中でも暗黒武術会編が一番面白いです。とくに「蔵馬×鴉戦」「桑原×戸愚呂兄戦」「飛影×武威戦」、そして「幽助×戸愚呂弟戦」は修行の成果を発揮し100%を超える力でぶつかり合う本当に熱い闘いです。その後の仙水編は能力や知恵を使った闘いで単純な力だけの闘いではないのでハラハラドキドキさせられます。そして浦飯幽助の正体にも迫り、その後の仙水戦でその力を爆発させてくれます。本当におすすめです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

3:るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-

■タイトル:るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-

■作者:和月信宏

■巻数:全28巻

■あらすじ
幕末の動乱期の渦中であった京都に「人斬り抜刀斎」と恐れられた一人の剣客がいた。そして時は明治へ。ある夜、赤髪の男が歩いていると後ろから突然「人斬り抜刀斎」と呼ばれる。振り返るとそこには木刀を突き付けて立つ一人の女性の姿が。そして、そのまま切りつけてきたのでそれを華麗にかわすが、飛び過ぎて壁にぶつかり倒れ込んでしまう。こんな男が伝説の「人斬り抜刀斎」なのか?と疑問に思ったところで、その男は「流浪人」と答える。腰にぶら下げている刀は刃が逆についた”逆刃刀(さかばとう)”と教える。その矢先に警察の呼笛の音が、今度こそ「人斬り抜刀斎」と思い駆けていく女性。そこには神谷活心流”緋村抜刀斎”を名乗る大男が!飛びかかって倒そうとするが、逆に殺されそうになる所を赤髪の男に助けられる。事情を聞くと神谷活心流は、その女性の流儀であった。女性の名は「神谷薫」で神谷活心流の師範代であった。そして抜刀斎を名乗る男はその門下生にはいない。誰かの嫌がらせであった。妙に思った赤髪の男は探りをいれることに。そしてその晩、抜刀斎を語る大男が「神谷薫」の道場にやってくる。また殺されそうになったところに赤髪の男が助けにやってくる。今度は本物の「人斬り抜刀斎」として。彼の名前は「緋村剣心」。放浪の旅に疲れた「剣心」は、「薫」の道場を少しばかり手伝うことになる。ここから”るろうに剣心”の新時代での生き方と新たな闘いが始まる。
■見どころ
作画のクオリティがかなり高く、とても読みやすく迫力があります。とくにバトルシーンは凄い迫力で見ごたえ充分です。物語としても幕末からの宿敵「斎藤一」との闘い、同じ人斬りとして生きてきた「志々雄真実」との闘い、お互いに愛する者を亡くしてしまった「雪代縁」との闘いなど見どころは盛り沢山です。飛天御剣流をひっさげ強敵に立ち向かい成長していく姿は圧巻です。そんな「剣心」が守りたい者を守れなったシーンはとても胸を打たれました。人斬りとして様々な困難が待ち受けていますが、剣心なりの答えを出し前を向いて進んでいく姿に感動します。実写版映画になるほど人気作なので、面白くて当たり前ですが、まだ読んでない方は是非読んでいただきたいです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

4:BLEACH(ブリーチ)

■タイトル:BLEACH

■作者:久保帯人

■巻数:全74巻

■あらすじ
高校生の「黒崎一護」は霊感が非常に強いため、幽霊と会話することができる特技を持っていた。ある日、除霊を終えて自宅に戻ると自分の部屋に女性「朽木ルキア」が立っていた。泥棒だと思い蹴とばすと、「ルキア」は、泥棒ではなく”虚(ほろう)”と呼ばれる悪霊を退治しにきた”死神”だと言う。そんな説明を聞いている矢先に突然大きなうなり声が。急いで声の元に駆け付けると、大きくて化物の様な”虚”に妹が襲われているのを目撃する。必死に助けようと飛びかかるが全く相手にならず、ルキアに助けられることに。しかしその虚は、ルキアよりも強く全滅させられそうになってしまう。このピンチを逃れるには黒崎一護が死神になって戦うしか方法がないと言われ、それを受けることに。すると、信じられない程の力で圧倒し虚を倒すことに成功。ここから「黒崎一護」の死神代行として熾烈な戦いが始まる。
■見どころ
どんどん強くなる「一護」の成長と激しいバトルがこの漫画の一番の魅力です。どんなに才能がある者でも10年の鍛錬は必要とされる”卍解”に至った時の「一護」はドキドキしました。また、全ての騒動がたった一人の死神の手の平の上で起こっていたと分かった時の衝撃も凄かったです。とくに「藍染惣右介」(あいぜんそうすけ)を倒すまでは非常に楽しかったです。倒し方も凄まじくて見ごたえありました。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

5:NARUTO

■タイトル:NARUTO-ナルト-

■作者:岸本斉史

■巻数:全72巻

■あらすじ
木の葉隠れの里の落ちこぼれ忍者「うずまきナルト」は、いつもいたずらばかりして怒られていた。「ナルト」は九尾の妖狐を体内に宿しており、以前それが暴走し里を脅かすほどの力を持っていたために周りから嫌われる存在になってしまっていた。それ故に、周りから注目されたい、友達が欲しいという望みが強く、目立つ為にわざといたずらばかりする様になってしまった。そんなある日、里の”封印の書”が何者かの手によって盗まれてしまう。犯人はどうやら「ナルト」らしいという噂が広まってしまうが、一人だけ「ナルト」を信じる者がいた。それは、アカデミーの先生「イルカ」だった。しかし、真犯人によって「イルカ」がピンチに。その時だった。「ナルト」の真の実力が発揮される。ここからナルトの忍道としての試練や苦悩、そして長い闘いが始まるのであった。
■見どころ
死線をくぐり抜けながら一歩ずつ確実に成長していく「ナルト」の姿がかっこいいです。また、九尾を宿しているため周囲から嫌われている事が原因で人とのつながりを異常なくらい大事にする性格に胸を打たれます。人とのつながりって大事だなって感じる事が多々ありました。知らない方は是非読んでほしいです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

6:七つの大罪

■タイトル:七つの大罪

■作者:鈴木央

■巻数:全41巻

■あらすじ
リオネス王国では聖騎士たちが暴走を起こし王国は荒れ狂っていた。そんな中、王女である「エリザベス」は暴走を止めるため、かつて存在した伝説の騎士団「七つの大罪」に助けを求めに行くことに。そして、身を隠すように移動酒場「豚の帽子亭」を営む「七つの大罪」の団長「メリオダス」に出会う。「メリオダス」は王国を救いたいと言う「エリザベス」に胸を打たれ、リオネス王国へ。ここから七つの大罪とともに熾烈極まる冒険が始まる。
■見どころ
かなり激しいバトルが見どころです。とにかく主人公の「メリオダス」の強さに注目です。謎が多く、フラグがたくさんある漫画なので各キャラクターのセリフも見落とさず読んでほしいです。ドラゴンボールを彷彿とさせるようなバトルが胸をワクワクさせてくれます。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

7:DRAGON QUEST-ダイの大冒険-

■タイトル:DRAGON QUEST-ダイの大冒険-

■作者:三条陸/稲田浩司

■巻数:全37巻

■あらすじ
この作品は「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観や設定を元にした漫画です。唯一の人間「ダイ」とモンスターが平和に暮らすデルムリン島で、突然モンスターが狂暴化してしまう。そこに伝説の勇者「アバン」と見習い魔法使いの「ポップ」がやってくる。「アバン」はマホカトールという呪文で島全体を覆い魔王軍の支配から島を救う。「ダイ」は魔王軍の支配から世界を救うためアバンの元で修行をすることに。その最中に魔王軍を統率する「ハドラー」が現れ襲わるが、「アバン」が自爆呪文「メガンテ」で倒そうとする。しかし、失敗に終わってしまう。だが、「ダイ」が秘めたる謎の紋章の力を使い何とかハドラーを退ける。そして、「ポップ」と一緒に世界を救うために冒険に旅立つことに。
■見どころ
ドラクエ好きにおすすめしたいです。ドラクエでお馴染みのモンスターや呪文が作中によく出てきます。これだけでも胸熱間違いなしです。あと「ポップ」の成長を見てほしいです。正直「ダイ」は勇者なので当たり前に強くなっていきます。というか、人智を超えた秘めたる力すら持っているので驚異的に強くなります。しかし「ポップ」は弱くていつも逃げる事ばかりを考えています。そんなポップが少しずつですが成長していく姿が本当に感動的です。特に最終戦ではめちゃくちゃ活躍してくれてかっこよくなります。その様を是非見てほしいです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

8:東京喰種

■タイトル:東京喰種(トーキョーグール)

■作者:石田スイ

■巻数:第1部 全14巻 第2部 全16巻

■あらすじ
人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種(グール)」が蔓延する東京。主人公「金木研(カネキ ケン)」は女性の喰種「神代利世(カミシロ リゼ)」に襲われ瀕死となるが、工事現場から落下した鉄骨が「リゼ」に当たったことで一命を取り留める。しかし、手術の際に喰種である「リゼ」の臓器を移植されたことで「金木」は半喰種となってしまう。それ以来、喰種と人間の熾烈な戦いに巻き込まれていくことになる。
■見どころ
喰種同士の戦い、人間同士の権力争い、人間と喰種の戦いなど、様々な戦いに巻き込まれていく「金木」ですが、半喰種の「金木」だからこその苦悩や恐怖がリアルに描かれています。その「金木」の心情に胸が熱くなります。また、バトルもかなり激しく見どころです。どんどん強くなり覚醒していく「金木」の強さに惹かれる事間違いなしです。特に物語終盤はどうなるんだろうと毎週楽しみにしていました。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

9:フルアヘッド!ココ

■タイトル:フルアヘッド!ココ

■作者:米原秀幸

■巻数:全29巻+1巻

■あらすじ
主人公「ココ・フェルケナ」は港町イノガスイーダの孤児として育った。ココは海賊に強い憧れがあり、いつかは海賊になりたいと願っていた。一方、ココの親友の「カフェル・スパード」の母「レイラ・スパード」は、イノガスイーダを母港にする大海賊”レッドスケル”のキャプテンで、次の航海を機にカフェルを海賊デビューさせる事が決まっていた。カフェルは、この先自身がキャプテンになった暁には、ココを同じ船に乗せると約束し赤髑髏のピアスを渡した。そんなある日、イノガスイーダに「ジョン・バーツ」率いる”スイートマドンナ”が入港する。目的はファルコン文明の秘密を解くカギになる、赤髑髏。赤髑髏のピアスを持つココと、それを探すバーツ、この二人の出会いにより海賊物語が始まる。続編「フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス」へと続く物語です。
■見どころ
当時、かなりハマって読んでいた漫画です。激しいバトルと、ワクワクする冒険がたまらなく面白くてめちゃくちゃハマってました。こういう冒険漫画って少年の心をくすぐられる感じがして夢中になって読んでしまいます。個人的に一つの映画を観ているような大作で、何回読んでも面白いと言える作品の一つです。冒険漫画、バトル漫画好きにおすすめです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

10:SIDOOH/士道

■タイトル:SIDOOH/士道

■作者:高橋ツトム

■巻数:全25巻

■あらすじ
時は幕末。コロリによって母を亡くし天涯孤独となった「雪村翔太郎」「雪村源太郎」兄弟は、朝倉清蔵によってカルト集団・白心郷に売られる。翔太郎は儀式の生贄にされるが何とか生還、白心郷での生活と修業を許される。2年後、成長した二人は黒船撃沈の命を受けこれに成功するが、味方に裏切られ仲間を殺された事から離反。白心郷の長、「瑠儀」への復讐を誓う。そして、会津に渡りさらに成長した二人は、会津藩主・松平容保の家臣に従う。赴く先は、動乱の京都であった
■見どころ
緊張感が伝わってくる迫力ある絵が魅力的です。物語の展開はサクサク進み、25巻完結なので一気に読めます。セリフも少ないのであまり時間もかからず読めます。幕末の動乱の中で何度も死線をくぐり抜けながら生きていくこの兄弟の生き様に感動します。また、幕末を描く有名漫画で「るろうに剣心」がありますが、あんな感じではありません。純粋に武士を目指す漫画なので、あまりに現実離れした必殺技的なのは一切ありません。バガボンドに近い感じの漫画です。バガボンド好きなら絶対おすすめです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

11:犬夜叉

■タイトル:犬夜叉

■作者:高橋留美子

■巻数:全56巻

■あらすじ
戦国時代の日本、あらゆる願いを叶える宝玉・「四魂の玉」を巡り人間と妖怪の争いが続いていた。四魂の玉を守る巫女「桔梗」は、半妖「犬夜叉」と愛し合っていた。しかし、罠にはまり、お互いに裏切ることになってしまう。桔梗は四魂の玉を奪った犬夜叉を封印し、自分もまた力尽きる。遺言により、四魂の玉は桔梗の亡骸と共に燃やされ、この世から一度は消え去った。そして500年後の現代、神社の娘「日暮かごめ」は15歳の誕生日に神社にある古びた井戸から戦国時代へとタイムスリップする。そこは犬夜叉と桔梗の争いから50年が経過した時代であった。桔梗の生まれ変わりであるかごめの体内から再び四魂の玉が現れ、犬夜叉は蘇る。そして玉を巡って犬夜叉と妖怪たちの熾烈な戦いが始まる。
■見どころ
犬夜叉一行が敵と戦う迫力のシーンや、犬夜叉とかごめが新しい仲間(珊瑚、弥勒、七宝)と出会い、旅を共にするまでの展開が見どころと言えます。バトルだけでなく「犬夜叉」と「かごめ」「桔梗」の三角関係の行方も気になります、また、「珊瑚」の弟を思う気持ち、親を思う「七宝」、自身の生き方を思う「弥勒」など心にグッとくるものがあります。……。あと、犬夜叉の兄である「殺生丸」と対峙するシーンも見物です。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

ミステリー・サスペンス漫画

1:僕だけがいない街

■タイトル:僕だけがいない街

■作者:三部けい

■巻数:全9巻

■あらすじ
売れない漫画家・藤沼悟「(ふじぬまさとる)」は、「リバイバル」という特殊能力を持っていた。それは、直後に起こる「悪いこと」の原因が解消するまで、その直前に何度もタイムリープしてしまうというものだった。自分の意思とは関係なく発動する上に、能力が発動した結果「マイナスかプラマイ0になる」というこの能力に不満を持ちながら、ピザ配達のアルバイトをしながら日々を過ごしていた。ある日、ピザの配達中にリバイバルが発動し、交通事故を軽減させる事に成功する。しかし自身は二日間入院してしまう。そして、事故の知らせを受けて上京した母親「佐知子」とアパートで暮らし始めることになる。後日、母との買い物中にリバイバルが発生するが周りにおかしな様子はない。「悟」は母に「何か変な感じしない?」と協力を仰ぐ、よく見ると幼い少女が男に車に乗せられているのを目撃する。しかし、その後リバイバルは起きなかった。それから数日後、いつも通りアルバイトを終え帰宅し、母に声をかけるが返事がない。おかしいと思い部屋に入ってみると、そこには包丁で刺され横たわる母の姿があった。そして、逃げる犯人らしき人物を見つけた「悟」は必至で追いかける、このままでは第一発見者の自分が犯人にされるかもしれないと焦ったが犯人は捕まえられず、逆に警察に見つかり逃亡しなければいけないハメに。そして逃亡中にリバイバルが発動。そこは18年前の世界だった。現在で母親を殺害した犯人と、1988年の連続誘拐殺人事件が同一人物であると確信した「悟」は、2つの時代を往復しながら真犯人に立ち向かっていく。
見どころ
おそらく早い段階で犯人が分かってしまいますが、その犯人を小学生の「悟」がどうやって追い詰めていくのかってところが見どころです。簡単に変えられない過去と、絶望の現在を行き来し何とか犯人にたどり着こうとしますが、これがかなり難しい。緊迫感たっぷりのミステリー漫画です。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

2:デスノート

■タイトル:デスノート

■作者:大場つぐみ/小畑健

■巻数:全12巻

■あらすじ
死神界の死神「リューク」は退屈な毎日を送っていた。あまりにも退屈なので人間界に”デスノート”を落とした。それを天才高校生「夜神ライト」がたまたま校庭で拾った。そして、デスノートを開くと中には使い方が細かく記されていた。誰かのいたずらだと思いバカバカしいと思ったが、試しに名前を書いてみると本当に死んでしまった。「ライト」は本当に欲しい物が手に入ったと胸が躍った。そこへ死神「リューク」が現れる。自分は殺されるんじゃないかと思ったが、リュークは何もしなかった。そして「ライト」は犯罪者がいない平和な世界(新世界)を創造するため犯罪者を次々と殺していくことに。そこに、名探偵の「L」が現れる。ここから二人の壮絶な戦いが始まることに。
■見どころ
この漫画の見どころは頭脳戦です。「夜神ライト」の犯罪を阻止しようとする名探偵「L」とのギリギリの頭脳戦が非常に緊張感があって興奮します。お互いの駆け引きが巧妙で目が離せません。また、中盤あたりで「夜神ライト」と「L」が協力して犯人を追い詰めるシーンなどありますが、そこの探り合いも見どころです。小畑健先生の細部まで丁寧に描かれた超美麗な絵が物語を一層盛り上げてくれています。映画化にもなった名作ですが原作を知らない方には是非読んでほしいです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

学園漫画・不良漫画

1:今日から俺は!!

■タイトル:今日から俺は!!

■作者:西森博之

■巻数:全38巻

■あらすじ
転校をキッカケにツッパル事を決めた「三橋貴志(みつはしたかし)」と「伊藤真司(いとうしんじ)」。二人は同じ時間に同じ美容院に行き、イメチェンをすることに。三橋は金髪パーマに、伊藤は髪の毛を立たせツンツン頭に。そして同じ日に同じクラスに転校することになり、教室で再開した瞬間に殴り合いを始めてしまう。そして、その高校の不良どもから目を付けられ様々なトラブルに遭うが二人で協力して解決(喧嘩して勝っていく)していく。その後も色んなトラブルに巻き込まれるが、喧嘩がめちゃくちゃ強い二人は全て喧嘩で解決していく。
■見どころ
よくある昔の学園不良漫画です。売られた喧嘩に勝利するとその上の奴が出てきて、そいつに勝つとまた強い奴が出てきて…。そんな感じの漫画です。ただ、むやみやたらと喧嘩してるわけじゃないです。人助けのために喧嘩してる事が多いので、胸がスカッとします。悪役キャラがガチでムカつく奴が多いです。多分わざとそういう風に描いているんでしょうね。個人的に好きなキャラは「今井」です。いつも三橋や伊藤にバカにされていますが(本当にバカ、というか真面目というか)、でも、いざって時に頼りになるキャラでついつい応援したくなってしまうような存在です。あと、三橋のわけわからん無敵っぷりも見どころです!

「無料」試し読みはこちらをクリック!

2:カメレオン

■タイトル:カメレオン

■作者:加瀬あつし

■巻数:全47巻

■あらすじ
中学ではいじめられっ子だった「矢沢栄作」が、「成南高校」で不良デビューを果たす。彼はお調子者で運が悪く、次々と周りの有名な不良から絡まれてしまう。しかも、喧嘩がめちゃくちゃ弱い。しかし、全てのトラブルを”ハッタリ”(嘘)、悪知恵で乗り越えることに。それが不良たちの憧れとなりいつしか”カリスマ”となっていく。ギャグあり喧嘩ありの不良漫画です。
■見どころ
「矢沢栄作」がどんなピンチもチャンスと考え、様々なハッタリで危機を免れていきます。そのハッタリがめちゃくちゃで面白いです。あと、物語中盤くらいで暴走族を結成しますが、その抗争が激しくて見ごたえがあります。あとは、とにかく”ギャグ”です。下ネタ全開ギャグが多く、爆笑できる事間違いなしです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

3:湘南純愛組!

■タイトル:湘南純愛組!

■作者:藤沢とおる

■巻数:全31巻

■あらすじ
卒業生の大半がヤクザにスカウトされるという一流の不良高校「極東高校」。その高校をシメてる「鬼塚英吉」と「弾間龍二」通称”鬼爆コンビ”。しかし、突然退学になってしまう。ヤンキーをやってても全くモテないから転校するため、わざと退学になったのだった。そして、モテモテになって童貞を捨てるために共学の「辻堂高校」に入学する。しかし、いくら見た目や学校を変えても「鬼爆」の名は広く知れ渡っており、転校したこともバレてしまう。すると、「鬼爆」コンビを倒せば名を上げることが出来ると周囲の不良から狙われるハメに!喧嘩!喧嘩!たまにギャグって感じの不良漫画です。鬼塚が「GTO」で教師をやる前の物語です。
■見どころ
GTOでは「鬼塚」はほとんど喧嘩しませんが、湘南純愛組!では喧嘩三昧って感じで喧嘩しまくっています。「GTO」での「鬼塚」は伝説的存在で最強って感じですが、「湘南純愛組!」では結構苦戦することもあり、それが見どころとも言えます。ほぼ全ての喧嘩シーンがぶっ飛んでいて熱くなれます。また、たまにあるギャグがマジで面白いです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

4:GTO

■タイトル:GTO

■作者:藤沢とおる

■巻数:全25巻

■あらすじ
かつて湘南最強と言われた「鬼爆」の1人「鬼塚英吉」は、グレートな男になるため東京進出を果たす。そして、替え玉を使って優羅志亜(ユーラシア)大学に入学し卒業はしたものの、退屈な日常を送っていた。だが、ひょんなことから教師を目指す事になった。目的は女子高生との淡い恋愛だった。そして教育実習の時に、めちゃくちゃな人間ではあるが、道理を通す強い精神と行動に東京吉祥学苑理事長の「桜井良子」が目を付け、中等部の教師として採用させてもらえる事になる。しかし、この学園内には不正義やいじめが蔓延していた。さらに教師は臭いものに蓋をするように、見て見ぬふりをする大人ばかりだった。そんな中に放り込まれた「鬼塚」は、常識を超えた方法で生徒と向き合い、更生に導いていく。
■見どころ
常識外れの「鬼塚」の、生徒を更生させていく指導が胸にきます。自分が学生時代にこんな先生がいたらもっと学生生活が楽しかったかもしれないと思います。とにかく一人一人に真剣に向き合い熱い指導をしてくれる鬼塚に感動すらします。「湘南純愛組!」の時の「鬼塚」は喧嘩ばかりだったのに、いい先生をしています(笑)また、湘南純愛組!のキャラクターも多数でていて、あのキャラがこんな職業に就いたんだって驚きもあります。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

5:BOY

■タイトル:BOY

■作者:梅澤春人

■巻数:全33巻

■あらすじ
世界征服という野望を持つ主人公「日比野晴矢(ひびのはれるや)」と、画家を目指す「岡本清志朗(おかもときよしろう)」と、バンドマンの「一条誠(いちじょうまこと)」この高校生3人が織りなす学園漫画。強すぎるハレルヤが周りの不良から絡まれて喧嘩になる、またはハレルヤの下僕(友達)が狙われて喧嘩になるっていうパターンが多いです。
■見どころ
チート級のハレルヤの強さが見どころです。背中からバットやフライパンが出てきて敵を倒すスカッと倒すのが爽快で、ギャグのように面白いです。アクションがカッコよく見ごたえ充分です。「今日から俺は!!」の三橋と少しかぶっていて憎めないキャラクターです。今では少なくなってきた喧嘩と面白いギャグありで、おすすめです。リアルタイムで読んでいた方も今読むと懐かしくて面白いと思います。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

6:暗殺教室

 

■タイトル:暗殺教室

■作者:松井優征

■巻数:全21巻

■あらすじ
ある日突然、月が爆発し7割がた蒸発してしまう。その事件が原因で、今後三日月しか見れない世界に変わってしまう。その事件直後、突然進学校の「椚ヶ丘中学校」に防衛省の「烏間」という男と得体の知れない”化け物”がやってくる。その化け物の正体こそが月を爆発した犯人だと言うのだ。そしてさらに、その化け物は今から1年以内に自分を殺せなければ地球も爆発すると予告する。それを阻止するために椚ヶ丘中学校の3年E組の生徒にこの化け物を暗殺してほしいとお願いしにやってきたわけだ。しかも、成功報酬は100億円!その一言で全員は一気にやる気に!そして、その化け物は3年E組の担任になり毎日生徒から命を狙われる暗殺教室となる。
■見どころ
殺センセーが生徒たちに教えるのは暗殺術だけではありません。劣等生の成績を上げるために真摯に生徒と向き合い成績アップを図ります。とても危険な生物ですが、生徒の今後をしっかり考える情熱あふれる先生なのです。殺センセーのおかげで生徒がどんどん成長していく姿と、殺センセーの真面目さ、真摯さが伝わってくるシーンに感動します。金八先生の様な作品と言えます。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

青春漫画

1:四月は君の嘘

■タイトル:四月は君の嘘

■作者:新川直司

■巻数:全11巻

■あらすじ
かつてピアノの指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し「ヒューマンメトロノーム」と言われた神童「有馬公生(ありまこうせい)」。しかし、母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなりコンクールから遠ざかってしまう。それから月日が経ち14歳になった公生は、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト「宮園かをり(みやぞのかをり)」と出会う。かをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、公生の世界がカラフルに色付き始める。かをりは公生のことを”友人A”と呼び、雑に扱いつつも自分の伴奏を命じるなど、公生を再び音楽の世界に連れ戻そうとする。そして、かつてのライバルである「相座武士(あいざたけし)」や「井川絵見(いがわえみ)」にも背中を押され、再び音楽の道に戻っていく……。
■見どころ
見どころは全部です。いや本当に!「公生」「かをり」この2人の音楽に懸ける熱い思いを描いています。過去の呪縛が解けない「公生」が、苦しみながらも徐々にピアノ界に戻っていく姿、「かをり」の悲しい運命と真実、もう感動しかありません。最終回は涙なしには見られません。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

2:I”s

■タイトル:I”s(アイズ)

■作者:桂正和

■巻数:全15巻

■あらすじ
湾田高等学校の2年生「瀬戸一貴」。彼はごく平凡な普通の少年であり、将来の夢もとくにない。彼は入学時に同じクラスになった「葦月伊織(よしずきいおり)」に一目惚れをし、それ以来ずっと彼女の事を追っている。しかし、恋愛に奥手な彼は一歩踏み出すことが出来ない。小学生の頃の片思いが原因で恋愛に関しては深いトラウマがある。そんな主人公が織りなす恋愛物語です。
■見どころ
トラウマを抱えた「瀬戸一貴」はそれをどうやって乗り越えていくのか、彼女と結ばれることは出来るのか?様々な壁を乗り越えていく主人公の姿に胸が熱くなります。誰もが通ってきた昔懐かしい青春時代だとは思いますが、こんな青春をしてみたいと思わせる青臭い物語に胸がジーンときます。また、桂正和先生が描く女性がとても綺麗でそれだけでも見る価値があります。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

3:ReLIFE

■タイトル:ReLIFE(リライフ)

■作者:夜宵草

■巻数:全15巻

■あらすじ
前職を3か月で退職し、求職中の「海崎新太(かいざきあらた)」。元々大学受験で2浪した上、大学院に進学していたため社会人経験やキャリアが乏しく、現在27歳で就活は難航する。これからの生活に悩む「新太」の前にリライフ研究所の職員を名乗る「夜明了(よあけりょう)」が現れる。「夜明」は「新太」を社会復帰させるとして、「1年間の高校生活を送る秘密実験」に参加しないかと提案する。「夜明」の提案を怪しむ「新太」だったが、今後の人生のためにと参加を決意した。そして二度目の高校生活が始まった。
■見どころ
この漫画を読んでいると、いかに高校時代を無駄にしてきたかわかります。大人になった今だから振り返って見ることが出来ることが多々ありますね。正直つまらない意地や見栄で言いたいことも言えず、物事がうまくいかない事がよくありました。でも、それがその時の自分の限界だったんだなって思わされます。大人の「新太」が二度目の高校生活で、自身の高校時代での後悔を払拭していく姿を僕自身に置き換えて見てしまう部分が多々あり共感を持てます。あぁ自分にもこんなチャンスがあるならと思う一方で、でも今のままじゃないと出会えなかった人達がいるので戻りたくもないなぁと複雑な気持ちにさせてくれます。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

4:バクマン。

■タイトル:バクマン。

■作者:大場つぐみ/小畑健

■巻数:全20巻

■あらすじ
中学3年生の「真城最高(サイコー)」は高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。サイコーの叔父はかつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家「川口たろう」で連載打ち切り後の過労によって亡くなった過去があった。ある日サイコーは些細な出来事をきっかけに、クラスメイトで作家志望の「高木秋人(シュージン)」に「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。初めはその誘いを断ったが、声優を目指している片思いのクラスメイト「亜豆美保(あづきみほ)」と「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」と約束した事から漫画家への道を志す事になる。
■見どころ
週刊少年ジャンプに連載する事がいかに困難なことか、漫画家がいかに大変なのかが非常によく描かれている。かなりリアル志向なので漫画家を目指す人の参考にもなるかも…!作中で「サイコ―」と「シュージン」は「亜城木夢叶(あしろぎむと)」というペンネームで活動し、様々な苦難を乗り越えて連載開始をするが、その作品を読みたいと思えるほど成長を遂げていきます。漫画を題材にした数少ない漫画で、とても情熱的な作品となっています。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

5:スラムダンク

■タイトル:スラムダンク

■作者:井上雄彦

■巻数:全31巻

■あらすじ
中学時代に50人の女の子にフラれた不良少年の「桜木花道」。そんな「花道」は神奈川県立湘北高校に進学する。そして、入学早々廊下で「赤木晴子」という女性とすれ違う。「晴子」は「花道」を見て、その肉体や身体能力の高さに驚きバスケ部への入部を薦める。「花道」は「晴子」に一目惚れしてしまい、彼女目当てでバスケ部に入部することに。そこから彼のバスケットマンとしての人生の一幕が上がる。
■見どころ
井上先生の画力が徐々に迫力を増していきます。バスケの試合運びは手に汗握る緊張感があり、それがたまらなく面白いです。超強豪高との試合は本当に1コマ1コマからの緊張感がヤバイです。パスが誰に渡るのか、シュートは決まるのか?ページをめくるたびに早く次が読みたいと思わせてくれるほど臨場感と緊張感があります。また、初心者の花道が急速に成長を遂げていく姿も見どころですね。「庶民シュート」や「左手は添えるだけ」は今でも名言です。

6:モンキーターン

■タイトル:モンキーターン

■作者:河合克敏

■巻数:全30巻

■あらすじ
幼い頃から野球一筋だった「波多野憲二(はたのけんじ)」は、高校生活最後の夏の甲子園予選で敗退してしまう。その後、競艇ファンの担任に連れられてきた競艇場で、競艇体験することになる。初めて乗るモーターボートの感触とモンキーターンに魅了され、野球をやめて競艇選手になることを決意する。必死の勉強と持ち前の身体能力で、競艇選手の養成所「本栖研修所」に合格。幾多の苦難を乗り越え無事卒業し、競艇選手としてさらに大きな壁にぶつかっていくことになる。
■見どころ
競艇を題材にした珍しい漫画です。競艇を全く知らない方でも楽しめるように、詳しい解説があるので誰でも楽しめる内容になっています。またライバル関係にある「洞口雄大(どうぐちたけひろ)」との熾烈なバトルと、波多野憲二が一歩ずつ成長していく様がかっこいいです。これが連載されているときに自分も競艇のかっこよさに憧れ、競艇選手になりたいと思ったくらいです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

7:ガンバ!Fly high

■タイトル:ガンバ!Fly high

■作者:森末慎二/菊田洋之

■巻数:全34巻+外伝1巻

■あらすじ
平成学園という中高一貫校に主人公である「藤巻俊(ふじまきしゅん)」が入学するところから物語が始まります。「藤巻俊」は「オリンピックで金メダルを取りたい」と体操部に入部します。その体操部の部員らと藤巻俊が、未熟ながらも次第に才能を開花させ成長していく物語です。
■見どころ
「藤巻俊」と周囲の選手たちの成長が見どころです。バク転すら出来ない「シュン」がどうやって成長していくのか、またそんな選手が本当に「オリンピックで金メダル」を取れるのかってとこに注目です。人は最初から何でも出来るわけではない、日々の努力と積み重ねが大事だと心から感じさせてくれます。一歩ずつ成長していく「シュン」の姿に胸が熱くなり感動できます。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

8:H2

■タイトル:H2

■作者:あだち充

■巻数:全34巻

■あらすじ
親友でありライバル同士でもある「国見比呂(くにみひろ)」と「橘英雄(たちばなひでお)」、「国見比呂」の幼なじみであり「橘英雄」の恋人でもある「雨宮ひかり」、そして「国見比呂」が進学先の千川高校で出逢った「古賀春華(こがはるか)」。名前の頭文字に「H」を持つ「2」人の野球少年と「2」人のヒロインの野球にかける青春と恋を描いた作品です。
■見どころ
あだち充作品で知名度で言えば「タッチ」の方が上だと思いますが、内容的には「H2」の方が好きです。「タッチ」よりしっかり野球をしています。あと恋愛も。友人であり野球と恋のライバルという難しい関係をうまく描いていて、切なくなるシーンが多々あります。最後の「国見比呂」と「橘英雄」の戦いは、お互いの熱い気持ちのぶつかり合いが感動です。やっぱり、あだち充先生が描く青春は何ていうか甘酸っぱくていいですね。

その他漫画

1:ホームルーム

■タイトル:ホームルーム

■作者:千代

■巻数:全8巻

■あらすじ
主人公「桜井 幸子」はクラスでいじめられていた。今日も、椅子に接着剤が塗ってあり座ったら動けなくなってしまう。それを助けてくれるのが担任の「愛田先生」だ。先生は困った事があるといつも笑顔で必死になって助けてくれる。そんな先生の事を、桜井は”ヒーロー”と信じ慕っている。しかし真相は違った。桜井をいじめているのは愛田先生で、全て自作自演だったのだ。愛田も桜井の事が好きで、いじめから救い笑顔になる桜井が見たいという一心でいじめ続けていたのだった。愛田に愛されたい桜井と、桜井を苦しめて自分で救いたい愛田。果たしてこの二人の運命は…。
■見どころ
愛田先生がとりあえず、気持ち悪いです。後々わかりますが桜井もかなりヤバイ奴で、二人揃ってヤバイです。感情表現がおかしな二人の、おかしな恋愛の話です。面白いというか、読み始めると続きが気になってしまう。まぁ、気になるって事は面白かったって事かな。絵は上手いので非常に読みやすいですし、キャラクターの表現も上手いのでわかりやすいです。ただ、感情移入はしにくいかなって思います。ちょっとおかしな恋愛を読みたい方はどうぞ!

「無料」試し読みはこちらをクリック!

2:銀魂

■タイトル:銀魂

■作者:空知英秋

■巻数:全77巻

■あらすじ
侍の国なんて呼ばれていたの今は昔の話。江戸の空には異形の船が飛び、町は異人で溢れていた。この町にもう侍なんていない。剣術だけに身を置いてきた「志村 新八」はカフェで働きながら希望もなく毎日を過ごしていた。そのカフェで客に足を引っかけられ転倒したら、客に謝れと店主に殴られそうになる。世界は腐ってる…。その時、突然謎の男が現れる。そして店主を思いきり殴り飛ばした。どうやら自分のチョコレートパフェが全てこぼれてしまった事にキレてる様で、店の客もボコボコにして出て行ってしまった。しかも、その責任を「新八」になすりつけて。そのおかげで「新八」は職を失ってしまう。その責任を取る為にその男の”万事屋”(よろずや)で働かせもらう事に。男の名は「坂田銀時」ここから銀さんと愉快な仲間たちの物語が始まります。「ギャグ」あり「バトル」ありと盛りだくさんな内容となっています。
■見どころ
まず、ギャグが面白いです。様々な有名漫画、映画などからパクリまくって面白おかしく描いています。本当に大丈夫?って思います(笑)とくにドラゴンボールのパロディーは多く、作者が好きなんだとよくわかります。ただ後半の「将軍暗殺篇」以降はほとんどギャグがなくなります。坂田銀時の過去を消化する展開と言える深い物語へと変わっていきます。シリアスな内容になっていきますが色々な謎が解明され、あっと驚くことなどが多々あります。あとは激しいバトルです。坂田銀時は他の漫画の主人公みたいに必殺技的なものは持ち合わせていません。常に木刀で闘っているのですが、とにかく強いです。その強さと、前半の面白いギャグを是非見てほしいです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

3:め組の大吾

■タイトル:め組の大吾

■作者:曽田正人

■巻数:全20巻

■あらすじ
幼い頃に巻き込まれた火災で、「朝比奈大吾(あさひなだいご)」は消防士に助けられる。それをきっかけに消防士になることが夢だった。念願かなって消防士になり、千国市消防局めだかヶ浜出張所に配属される。ところが、めだかヶ浜出張所は住民の防災意識が高く、めったに火事が起きないので出動はほとんど無い平和な地域だった。それゆえに隊員たちの士気が低く、めったに火事が起きない「め組」などと言われる出張所だった。その現状に我慢ができずストレスを溜める日々を送ることになる。ところが、度重なる出動を経験することで、自らが所属するチームが、最高のプロフェッショナル・チームである事を思い知ることになる。そして、何度も出動を重ね災害の恐怖と闘いながら成長していく。
■見どころ
大吾の”人々を救いたい”という強い信念に感動し、泣きそうになるシーンが多々あります。大吾が消防士として壁にぶつかり退職を考える時期なんかがあり、消防士の苦悩をうまく描いています。まぁ、そのたびに劇的に成長していくところなんかは見どころと言えますが…。また、特別救助隊(レスキュー隊)になる為の試験はとんでもなく厳しく、それを乗り越えていく大吾を応援したくなるほどに感情移入できます。数少ない消防士の漫画でトップクラスに面白いです。

「無料」試し読みはこちらをクリック!

さいごに

いかがでしたか?どれも面白い作品ばかりです。是非、手に取って確かめて下さい。今後も面白い漫画をご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました